【証券アナリスト】財務分析ノート14「退職給付会計の費用と計算」

皆さんこんにちは!ピーマンです。

今回は証券アナリスト試験のまとめノートを発信していきます!

財務分析の第14回は、退職給付会計の費用と計算を扱っています。

[box02 title=”こんな人にオススメ”]

  • 証券アナリストの学習者
  • スキマ時間を有効活用したい方
  • 財務・経理の仕事を目指す方
  • 金融業界を目指す学生

[/box02]

〈第13回「引当金の意味とは?種類と表示」の内容は次の記事をご参照ください〉

あわせて読みたい
【証券アナリスト】財務分析ノート13「引当金の意味とは?種類と表示」 皆さんこんにちは!ピーマンです。 今回は証券アナリスト試験のまとめノートを発信していきます! 財務分析の第13回は、引当金の意味と種類、財務諸表の表示を扱ってい...
目次

退職給付会計とは

退職給付とは、従業員が退職した際に給付されるお金で、退職一時金や企業年金などが該当します。

退職金は役員ともなると億単位にもなるため、会社側からすると支出時には相当な出費になります。しかし、退職給付は従業員が働いてた全ての期間に対して支給されているものであり、退職時にまとめて払われているものです。

退職給付を払う時の出費を、これまでの労働期間に適切に配分する会計処理が退職給付会計なのです。

例えば、自動車メーカーA社に勤めていたBさんが2019年に退職し、退職一時金が4,000万円だったとします。

A社はBさんに退職一時金を払うため、2019年に一気に4,000万円負担することになりますよね。しかし退職給付4,000万円を費用として認識、2019年に一度に計上していしまうと、適正に企業の実態を反映しているとは言えませんよね。

そこで退職給付会計により、2019年以前に毎年退職給付金を費用認識し、引当金として積み立てておくことで、退職時の支出の影響を抑えるのです。

退職給付債務の仕組み

退職給付会計では、退職給付債務の仕組み、及び退職給付費用の計算問題が出題されます。

ですから、まず退職給付の全体像でもある退職給付債務の理解し、そして退職給付費用を構成する各項目の理解と計算ができるようになれば完璧です。

退職給付債務

退職給付債務とは、退職給付見込額(退職給付の総額)のうち、期末までに発生していると認められる額を現在価値に割り引いたものです(割引計算に使用される割引率は、国債や優良社債の利回りを採用します)

退職給付見込額のうち、期末までにいくら発生しているものとするかは企業の方針によって異なりますが、次のいずれか方法を選択し、継続適用することが求められます。

[box03 title=”期末発生額の測定基準”]

期間定額基準:退職給付見込額を全勤務期間で除した額を各期の発生額とする方法

給付算定式基準:給付算定式に従って、各勤務期間に帰属させた給付に基づき見積もった額を、退職給付見込額の各期の発生額とする方法

[/box03]

10年目目の退職給付見込額が1,000万円だとすると、期間定額基準であれば各期100万円ずつ発生するものとされます。

一方給付算定式基準によると、各社の退職給付制度により計算式が異なります。

このように退職給付債務とは、各企業によって各期の計上方法は異なるものの、毎期積み立てられていくものなのです。会計上、退職給付債務は費用として処理される場合が多いので、毎期計上される退職給付債務退職給付費用と言います。

退職給付費用の計算式

退職給付会計がややこしいと言われる所以は、この退職給付費用の計算にあります。しかし式を分解して理解していけば難しくありません。

退職給付費用とは、将来の退職給付のうち当期の負担に属する金額です。先ほどの例で言えば、Bさんに支払われる4,000万円のうち、今期の費用として認識する部分ですね。

退職給付費用の計算式は次のようになります。なお、この式で算出された値が損益計算書に反映されます。

[box03 title=”退職給付費用の計算式”]

退職給付費用=勤務費用+利息費用−期待運用収益±過去勤務費用の費用処理額±数理計算上の差異の費用処理額

[/box03]

やたら長いですが、一つ一つ見てきましょう。

勤務費用とは

勤務費用とは、一定期間の労働の対価として発生したと認めれる退職給付のことです。退職給付見込額のうち、当期に発生したと認められる額を割り引いて計算します。

提供した労働力に対して発生するものなので、感覚的にも理解しやすいですね。

利息費用

利息費用とは、割引計算により算定された期首時点における退職給付債務について、期末までに発生する利息のことです。利息費用は次のように計算されます。

[box03 title=”利息費用と計算式”]

利息費用=期首退職給付債務×割引率

[/box03]

利息費用も退職給付費用の構成要素なので、しっかり覚えていきましょう。

期待運用収益

期待運用収益とは、年金資産の運用によって生じる収益のことです。

詳しくは後述しますが、年金資産とは特定の退職給付制度のために積立られた資産を指します。年金資産を運用して増えた金額が期待運用収益です。

期待運用収益の計算式は次のようになります。

[box03 title=”期待運用収益の計算式”]

期待運用収益=期首の年金資産額×長期期待運用収益

[/box03]

過去勤務費用

過去勤務費用とは、退職給付水準の改訂等に起因して発生した退職給付債務の変化分です。

過去勤務費用については、発生した期に全額を認識するのではなく、平均残存勤務期間内の一定の年数で按分した額を毎期費用処理しても良いとされています。遅延認識が認められているのです。

[box03 title=”過去勤務費用の計算式”]

過去勤務費用の費用処理額=過去勤務費用の発生額÷平均残存期間内の一定の年数

[/box03]

このうち費用として処理されていないものを未認識過去勤務費用と言います。

数理計算上の差異

数理計算上の差異とは、退職給付債務が様々な見積算定によって行われるために生じる、退職給付引当金の過不足を指します。

具体的に数理計算上の差異とは次のようなものです。

[box04 title=”数理計算上の差異の内容”]

  • 年金資産の期待運用収益と実際の収益との差異
  • 退職給付債務の数理計算に用いた見積数値と実際の数値との差異
  • 見積数値変更により発生した差異

[/box04]

なお、数理計算上の際についても遅延認識が認められています。

[box03 title=”数理計算上の差異の計算式”]

数理計算上の差異の費用処理額=数理計算上の差異の発生額÷平均残存期間内の一定の年数

[/box03]

このうち費用として処理されていないものを未認識数理計算上の差異と言います。

年金資産

簡単に触れましたが、年金資産とは、特定の退職給付制度のために、企業と従業員との契約(退職金規定)に基づき積立られた資産です。次の全ての要件を満たす資産を指します。

[box04 title=”年金資産の要件”]

  • 退職給付以外に使用できないこと
  • 事業主と事業主の債権者から法的に分類されていること
  • 事業主への返還、事業主からの解約・払出が禁止されていること
  • 事業主の資産と交換できないこと

[/box04]

年金資産は、期末のおける時価で評価されます。

年金資産は、期待運用収益の計算要素なので間接的には退職給付費用の構成です。この後説明する貸借対照表での退職給付債務の表示では、年金資産がポイントとなります。

退職給付債務と貸借対照表

退職給付債務の貸借対照表での表示について見ていきましょう。

結論から、退職給付債務から年金資産を控除した額を負債として計上します。しかし、年金資産が退職給付債務を超える場合には資産として計上します。

貸借対照表での表示

退職給付債務に未認識過去勤務費用及び未認識数理計算上の差異を加減した額から、年金資産の額を控除した額を”退職給付引当金”として計上します。

しかし年金資産が退職給付債務に未認識過去勤務費用及び未認識数理計算上の差異を加減した額を超える場合には”前払年金費用”として固定資産に計上します。

[box03 title=”退職給付債務のBSでの表示”]

(退職給付債務ー未認識部分) 年金資産 → 差額を退職給付引当金として負債計上
(退職給付債務ー未認識部分) 年金資産 → 差額を前払年金費用として資産計上

[/box03]

三菱UFJの貸借対照表をみると、確かに退職給付についての項目が確認できますね。

三菱UFJグループ「財務情報」より

損益計算書での表示

既に見た通り、退職給付費用の損益計算書での表示は次の計算式の通りです。

[box03 title=”退職給付費用のPLでの表示”]

退職給付費用=勤務費用+利息費用−期待運用収益±過去勤務費用の費用処理額±数理計算上の差異の費用処理額

[/box03]

[jin-sen color=”#f7f7f7″ size=”3px”]

証券アナリスト財務分析科目を網羅的にかつ分かりやすく発信しております。他の科目と併せて学習することで漏れなく対策できるので是非(^^)

参照ページ 重要度
財務分析ノート0「財務諸表の構成と見方」 [jinstar4.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート1「制度会計とディスクロージャー制度」 [jinstar2.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート2「監査意見の種類と定義」 [jinstar3.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート3「貸倒見積高の算定」 [jinstar4.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート4「有価証券の表示と評価方法」 [jinstar5.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート5「デリバティブの評価とヘッジ会計」 [jinstar4.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート6「棚卸資産の種類と評価方法」 [jinstar3.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート7「固定資産の種類と取得原価」 [jinstar3.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート8「減価償却の方法と計算」 [jinstar5.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート9「リース会計の分類と計算」 [jinstar3.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート10「減損会計の対象と手順」 [jinstar4.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート11「繰延資産の償却と表示」 [jinstar2.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート12「経過勘定の種類と財務諸表での表示」 [jinstar2.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート13「引当金の意味とは?種類と表示」 [jinstar3.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート14「退職給付会計の費用と計算」 [jinstar3.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート15「株主資本の項目と自己株式」 [jinstar4.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート16「包括利益の計算方法と表示」 [jinstar4.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート17「評価・換算差額等とは」 [jinstar2.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート18「新株予約券の意味と会計処理」 [jinstar2.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート19「剰余金の配当と分配可能額」 [jinstar2.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート20「収益と費用の認識と対応」 [jinstar3.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート21「販売形態別の収益認識基準」 [jinstar3.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート22「外貨建項目と外貨建財務諸表の換算」 [jinstar4.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート23「合併会計と連結範囲」 [jinstar2.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート24「連結の考え方と資本連結」 [jinstar4.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート25「税効果会計の意味と計算」 [jinstar4.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート26「財務分析に使える指標」 [jinstar5.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート27「株式価値の評価方法と計算」 [jinstar5.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]

※重要度は試験への出題頻度や配点を基に決定しています

これまでの内容がインプットできたら、次に例題を解いて知識を定着させましょう!

1 2
応援励みになります
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる