【財務指標】ROAの意味・見方・計算式を元証券マンが解説!

目次

ROAの意味

ROAとは”Return on Assets”の略で、日本語では総資産利益率と言います。

企業が保有する総資産に対してどれだけの利益を生み出したかを示す指標です。ROEと並び企業の収益性を示す指標として有名ですね。

ROAの意味

ROA:保有する総資産に対してどれだけ純利益を稼いだか示す指標

ROAの計算

ROAの意味を確認できたところで、次にROAの計算式をみていきましょう。

ROAの計算式

ROA(%)=当期純利益÷総資産×100

純利益100億円計上している企業の総資産が1,000億円なのでROAは10%(100億÷1,000億×100)になります。

上記の計算式でROAは算出できますが、より実務的な計算にとなると、分子は当期純利益ではなく事業利益を使う場合もあります。

突発的な収益(不動産の売却益など)や費用(長期保有株式の売却損など)による変動を除く、本業による稼ぎを重視するためです。その場合の計算式は次のようになります。

ROAの実務的計算式

ROA(%)=事業利益÷総資産

※事業利益=営業利益+受取利息+配当金

出典:ANA Group「財務状況」

ANAグループはROA算出に事業利益を採用していますね。他にも多くの企業が、当期純利益ではなく事業利益を採用しています。

ROAの見方

企業の収益性を判断

ROEでは負債を省いた自己資本での収益性を測ることができますが、ROAでは借入などの負債も含めた全ての資本が対象ですから、企業の全体的な経営資金の運用能力を測ることができます。

このような違いを考慮して、ROEとROAは次のように使い分けることオススメします。

ROEとROAの使い分け

累積利益がたっぷりある大企業を分析 → ROE
借入に積極的なベンチャー企業を分析 → ROA

大企業の場合、銀行からお金を借りなくても溜め込んできた資金があるため、経営活動を自己資本でやり繰りできます。なので自己資本に着目するROEの方が適切なのです。

一方ベンチャー企業などの成長段階にある企業は、積極的に借入を行って設備投資や人材投資をしていますから、負債も含めたROAの方が適切に収益性を判断できます。

分析する企業に応じて使い分けていきましょう。

ROAの注意点

ベンチャー企業の収益性を分析する際はROAを活用すべきとしました。

ここが難しいところで、現在行っている投資がいつ花開くのかが見通せない場合、いくらROAが多少高くても倒産の可能性は十分あります。

ROAで収益性を判断する場合は、同時に経営の安全性についても分析するようにしましょう。

ROAと株価の関係

ROAは高く安全性も高い → 株価上昇の期待大
ROAは高く安全性は低い → 株価上昇の期待小

ROAは低く安全性は高い → 株価低下の恐れ小
ROAは低く安全性も低い → 株価低下の恐れ大

応援励みになります
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる