【2021年】沖縄銀行の業務内容・強みと弱み・採用と年収を解説

沖縄銀行の業務内容・強み弱み・年収

皆さんこんにちは。牧野です。

今回は沖縄銀行の事業内容・強みと弱み・年収を発信していきます!

この記事で分かること
  • 沖縄銀行の事業内容
  • 強みや弱み
  • 新卒採用・転職のポイント
  • 年収などの待遇
目次

沖縄銀行とは

沖縄銀行は、沖縄県那覇市久茂地に本店を置く、信託併営の地方銀行です。

会社名株式会社 沖縄銀行
代表者山城 正保(取締役頭取)
所在地那覇市久茂地3-10-1
従業員数1,142名(2020年3月31日)
企業HPhttps://www.okinawa-bank.co.jp/

沖縄銀行の業務内容

沖縄銀行の業務内容を見ていきましょう。

沖縄銀行は2021年時点で次の業務を行っています。

沖縄銀行の業務内容
  • 営業業務
  • 融資渉外業務
  • 総合企画業務
  • リスク管理業務
  • 監査業務
  • 人事業務
  • 証券国際業務
  • 融資統括業務
  • 営業推進業務
  • 法人事業業務
  • デジタル事業業務
  • システム業務
  • 業務革新業務
  • 事務

それぞれ詳しくみていきます。

営業業務

営業業務では、窓口業務から窓口から派生する業務を担当します。

具体的な業務内容は次の通りです。

スクロールできます
業務内容
テラー預金の入出金や、振込、両替、公共料金などの受入事務並びに預金商品等の説明、セールスを行います。
預金相談各種預金の新規・解約の相談や諸届出書の受付事務並びに預金商品などの説明、セールスを行います。
外国為替外国通貨(ドル現金等)の両替やトラベラーズチェック(旅行小切手)の販売、外国への送金などを行います。また、貿易に関わる取引のお手伝いや外貨預金等外国為替商品の説明、セールスを行います。
後方事務振込や代金取立、公共料金に関する事務処理の取りまとめや伝票の管理等を行います。

融資渉外業務

融資渉外業務では、融資の信用調査、新規開拓、取引深耕のほか、預金、融資、外為に関する相談や稟議書の起案、債権管理などを行います。

具体的な業務内容は次の通りです。

スクロールできます
業務内容
企業法人・営業性個人のお客さまを担当し取引先の財務分析、業況調査、融資書類の作成等を行います。また、新規取引先の開拓や従業員取引の推進も行います。
渉外営業店舗周辺の地域の個人のお客さまを主に担当し、資産運用相談やローン、預金商品等のセールスを行います。
保全法人・営業性個人・個人融資先のお客さまの業況等の実態を調査し、返済条件の変更や督促、法的手続きを行います。
融資個人ローンの相談、受付、融資書類の作成や法人先への融資実行、返済期日や債権書類の管理を行います。

総合企画業務

総合企画業務では、経営の基本方針や経営計画の企画・立案、主要施策の統括・管理、決算事務、総合予算の企画・立案を担当します。

また、持続可能な社会を創造していくため、SDGsに関する施策・取組み等も行っています。

リスク管理業務

リスク管理業務では、金利リスク・信用リスク・オペレーショナルリスク等各カテゴリ毎のリスク管理統括を担当します。

また、マネロンテロ資金供与等金融犯罪対策やコンプライアンス・法務リスクの統括、リーガルチェック、法務相談及びコンプライアンス研修等も行っています。

監査業務

監査業務では、内部監査基本計画の作成・実施及び資産監査の計画実施を行っています。

事務処理方法や事務手順の正確性を検証したり、各本部へ事務管理態勢の改善を提言することで、事務事故の未然防止および事務処理水準の向上に努めています。

人事業務

人事業務では、職員の採用や人員計画の策定、異動、昇格、人材育成の為の教育や研修を担当します。

職員の賃金、退職金、福利厚生、社会保険、就業規則、労働安全及び労働衛生に関する事項など、行員が安心して働ける環境作りを行っています。

証券国際業務

証券国際業務では、マーケットでの有価証券(債券、株式、投信等)投資による資金運用・管理業務、銀行全体の資金繰り管理(円貨・外貨)を担当します。

国際取引(貿易、送金、両替、為替予約等)の企画・推進・管理業務、投資信託・国債の管理、コンプライアンス及び証券仲介に関わる業務も行っています。

融資統括業務

融資統括業務では、貸出業務の統括、指導、審査業務、信用リスク管理、融資業務の研修に関する事項や延滞債権などの管理に関する業務の企画・統括を担当します。

延滞債権の本部管理など、債権管理に関する営業店事務のサポートも行っています。

営業推進業務

営業推進業務では、営業全般を統括し、営業店の業務推進に関する企画・支援・管理・指導を担当します。

またCS(顧客満足)向上施策などの業務を行っています。

法人業務

法人業務では、法人営業に関する専門部署であり、県内のグループ企業、各営業店の大口企業への融資・管理を担当します。

中小企業診断士が多く在籍し、企業の経営改善支援、事業性評価などコンサルティング業務を行っています。

デジタル業務

デジタル業務では、デジタルサービス(IB・スマホなど)を主管し、スマートフォンや事業者決済端末によるキャッシュレスサービス推進やデジタルバンキングの拡大等に関する業務を行います。

システム業務

システム業務では、コンピュータシステムの企画や開発・運用に関する業務や、情報システムに係る最新技術の調査・研究を行います。

情報セキュリティ対策の立案、職員向け研修も担当します。

業務革新業務

業務革新業務では、業務改革に関する基本計画、施策の統括・管理を担当します。

生産性向上に向けた本部及び営業店の業務見直し、改善策の企画、立案、実施、検証を図りながら業務効率化に向けた支援を行っています。

事務

事務では、事務全般を統括し、営業店事務の管理・指導研修や商品の事務取扱に関する事項の検討、立案を担当します。

各種業務の本部集中処理・代行処理や預金等相続事務の手続き相談・受付を行うなど、営業店の支援も行っています。

なお、銀行の業務や業界についてもっと詳しく知りたい方は、以下の本をお勧めします。

沖縄銀行の強み

次に、沖縄銀行の強みと弱みを見ていきます。

強みから見ていきましょう。

沖縄県での高いシェア

沖縄銀行の強みとしては、沖縄県での高いシェアが挙げられます。

帝国データバンクが行った調査によると、沖縄県の企業のおよそ38.61%が沖縄銀行をメインバンクとしていることが分かります、

出所:帝国データバンク「沖縄県のメインバンク調査2020年」

沖縄県での高いシェアは、営業や採用のしやすさやに直結するので、プレゼンスを活かした事業拡大が今後も期待できるでしょう。

キャッシュレスサービスへの積極性

キャッシュレスサービスへの積極性も沖縄銀行の強みです。

個人ユーザー向けアプリの「OKI Pay」では、沖縄銀行に口座を保有している方であればキャッシュレス決済を行うことができます。

また、事業者向けアプリの「おきぎん StarPay」では、複数のQRコード決済サービスを集約できる決済プラットフォームであり、企業側の利便性向上に寄与しています。

出所:沖縄銀行「ディスクロージャー誌2020」

このように、アプリを通じた顧客の利便性向上を行っているので、時流に沿ったサービス展開ができていると評価できます。

沖縄銀行の弱み

琉球銀行の後追い

沖縄銀行の弱みとしては、琉球銀行の後追いになっている点が挙げられます。

シェアでもサービス面でも琉球銀行の2番煎じになってしまっており、今後の巻き返し策に注目が集まっています。

2番とはいえ十分高いシェアを誇っているので、両行の今後の経営政策に注視する必要がありますね。

金利環境の悪さ

金利環境の悪さも沖縄銀行の弱みです。

沖縄銀行に限らず金融業界全体に言えることですが、日本は近年金利が絶望的な水準で推移しているため、貸出収益が低い水準が続いています。

こればっかりはマクロ経済要因なのでどうしようもないですが、従来の銀行ビジネス以外の収益源が必要となってくるでしょう。

なお、地方銀行についてより深く勉強したい方には、次の本をおすすめします。

地方銀行のビジネスモデルや将来についてわかりやすく分析されており、特に巻末の地銀分析表は就活生・投資家にとっては有用です。

沖縄銀行の年収

次に、沖縄銀行の年収についてみていきます。

今回は沖縄銀行が公表している決算資料と、口コミサイトに記載されている年収を参考にしています。

決算資料でみる年収

沖縄銀行が公表している有価証券報告書に平均年収の記載があります。年収に関する唯一の公式資料ですから確認すべきです。

沖縄銀行の年収(有報)

平均年収:5,556,000円
平均勤続年数:14.2年
平均年齢:37.8才

参考:沖縄銀行「有価証券報告書」

有価証券報告書によると、沖縄銀行の年収は555万円であることが分かります。

口コミサイトでみる年収

次に、口コミサイトのOpenWorkで沖縄銀行の年収をみてみましょう。

沖縄銀行の年収(口コミ)

回答者の平均年収:423万円

参考:Open Work

有報の年収より低いですが、回答者の多くが若手や中堅であることを踏まえると、納得できる値だと思います。

沖縄銀行の新卒採用

沖縄銀行の新卒採用事情についてみていきます。新卒で沖縄銀行を目指す学生はご活用ください。

募集職種

銀行業務全般

採用フロー

沖縄銀行の新卒採用フローは次の通りです。

沖縄銀行の新卒採用フロー
  1. エントリー
  2. 会社説明会
  3. ES提出
  4. 適性検査(テストセンター)
  5. 集団面接
  6. 個人面接

初任給

沖縄銀行の初任給は次の通りです。

沖縄銀行の初任給

【大学・大学院卒】
205,000円/月

【短大・専門・高専卒】
169,500円/月

福利厚生

生活関連制度・社宅制度
・独身寮
休暇関連制度・年次有給休暇
・リフレッシュ休暇
・出産・育児休暇
・ボランティア休暇
資産関連制度・退職一時金制度
・財形貯蓄制度
・持株会制度

沖縄銀行への転職

次に、沖縄銀行への転職を目指す方に向けて、同行のキャリア採用情報をお伝えします。

募集ポジション

2021年6月時点で沖縄銀行が中途採用しているポジションは次の通りです。

  • 法人向け業務
  • デジタル業務
  • システム業務

有利になる資格

沖縄銀行へ転職するにあたって有利になる資格は次の通りです。

  • 銀行業務検定:銀行業務に必要な知識、技能を証明できる
  • 簿記検定:銀行員に必要な経理・財務知識を証明できる
  • FP:リーテル業務に必要な知識を証明できる
  • 証券外務員:入行する上で取得必須であるため、熱意を証明できる
  • 証券アナリスト:財務・金融知識を体系的に学習できる上、難関資格であり知識を証明できる

上記の資格は沖縄銀行に転職する上で有利になるので、積極的に挑戦しましょう。

当サイトでは各種資格の勉強法についても詳しく解説しているので、是非参考にしてみてください!

あわせて読みたい
【合格者解説】日商簿記を取得するメリットとデメリットを解説!
【合格者解説】日商簿記を取得するメリットとデメリットを解説!皆さんこんにちは。今回は日商簿記、いわゆる簿記資格を取得するメリット・デメリットを発信していきます!【日商簿記を取得するメリット】はじめに、日商簿記を取得す...
あわせて読みたい
【2021年版】FP2級・AFP対策におすすめのテキストと問題集を解説!
【2021年版】FP2級・AFP対策におすすめのテキストと問題集を解説!皆さんこんにちは。今回はFP2級試験対策におすすめのテキストと問題集を発信していきます!各テキストのメリット・デメリット、そのテキストに向いている人の特徴も併...
あわせて読みたい
【2021年版】証券アナリスト資格の試験概要・難易度・勉強時間を解説
【2021年版】証券アナリスト資格の試験概要・難易度・勉強時間を解説皆さんこんにちは!牧野です。今回は証券アナリスト資格試験の概要と難易度を発信していきます!金融系資格の中でトップクラスの難易度を誇る証券アナリストですが、一...

おすすめの転職サービス

沖縄銀行などの地方銀行への転職を目指すにあたって、おすすめの転職サイトは「コトラ」です。

コトラは金融機関へ転職を強みとしており、地方銀行の求人も多数扱っています。リテールからマーケット、投資銀行業務など様々な求人を見つけることができます。

また、大手転職サイトの「DODA」もかなりの数求人を扱っています。その証拠に、2021年4月時点では200件以上の求人を確認できました。

両サービスとも非公開求人を多数扱っているので、無料登録して全ての求人を確認してみましょう!

沖縄銀行の評判

口コミサイトでの評判

沖縄銀行で実際に働いた方々からの評判・口コミを掲載しております。

営業職6年目

地域企業の経済発展を担うことができるので、とてもやりがいがあります。

新店舗の出店や設備投資で資金繰りに悩んでいる顧客に対して、企業計画を一緒に考えながら融資することができます。

顧客企業と二人三脚で歩める仕事はとても楽しいですね。

事務職5年目

育休は最長2年、子供が3歳までは時短勤務にできるなど、女性に理解のある銀行だと思います。

産休後の職場復帰も当たり前のように広まっているので、キャリアを目指すこともできます。

営業職8年目

他の地方銀行より土日参加型の地域行事が多く、休みが潰れることが多々あります。

また、企業との接点が多ければ多いほど接待が増えるので、飲み会が苦手な方には厳しいでしょう。

接待や地域行事がなければ、カレンダー通りの休みであり、ワークライフバランスは所属する部署次第と言えます。

Twitterでの評判

沖縄銀行のサービスに関するTwitterでの評判をまとめています。

沖縄銀行のニュース

最後に、沖縄銀行に関する直近のニュースをまとめておりますので、ご参考ください。

単独株式移転による持株会社体制移行に関するお知らせ

株式会社沖縄銀行では、2020年11月6日開催の取締役会において持株会社体制への移行について検討開始することを決議し、同日付で「持株会社体制への移行の検討開始に関するお知らせ」を公表いたしましたが、本日開催の取締役会において、2021年6月25日開催予定の定時株主総会の承認及び必要な関係当局の認可等が得られることを前提として、2021年10月1日を期日として、当行単独による株式移転により持株会社である「株式会社おきなわフィナンシャルグループ」を設立し、持株会社体制に移行することを決議いたしましたので、お知らせいたします。

引用:沖縄銀行(2021年5月14日)

格付審査 A+(シングルAプラス)を更新

株式会社沖縄銀行は、長期発行体の格付審査で、A+を取得しましたことをお知らせいたします。当行の格付は、前年度に引き続き20ランク中上位5段階目となります。当行に対する評価のポイントは、①県内の貸出金シェアは3割台半ばと高く、堅固な事業基盤、資本水準が高いこと、②コロナ禍において貸出金利回りに低下圧力がかかっているが、トップライン収益は底堅い推移が見込まれること、③金融再生法開示債権比率は1%台前半と低水準にあること、④連結コア資本比率は20年9月末で10.48%、貸倒引当金などの調整後でも「A+」の地域銀行として相応の水準にある、などが挙げられます。

引用:沖縄銀行(2021年5月7日)

株式会社琉球銀行と連携した「よろず支援拠点」サテライトの設置について

株式会社沖縄銀行は、2021年1月29日に株式会社琉球銀行との間で締結いたしました包括業務提携(名称:沖縄経済活性化パートナーシップ)に基づき、両行の八重山支店内に沖縄県よろず支援拠点の石垣島サテライトを設置いたしましたので、お知らせいたします。よろず支援拠点は国が全国に設置する、中小企業・小規模事業者の皆さまのための経営相談所で、各種専門家にて経営上のあらゆる悩みの相談に何度でも無料で対応する支援機関です。

引用:沖縄銀行(2021年4月30日)
1 2
応援励みになります
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる