【2021年】中国銀行の業務内容・強みと弱み・採用と年収を解説

中国銀行の業務内容・強み弱み・年収

皆さんこんにちは。牧野です。

今回は中国銀行の事業内容・強みと弱み・年収を発信していきます!

この記事で分かること
  • 中国銀行の事業内容
  • 強みや弱み
  • 新卒採用・転職のポイント
  • 年収などの待遇
目次

中国銀行とは

中国銀行は、岡山県岡山市に本店を置く地方銀行です。

会社名株式会社 中国銀行
代表者加藤 貞則(取締役)
所在地岡山市北区丸の内1丁目15番20号
従業員数2,889名(2020年3月31日)
企業HPhttps://www.chugin.co.jp/

中国銀行の業務内容

中国銀行の業務内容を見ていきましょう。

中国銀行は2021年時点で次の業務を行っています。

中国銀行の業務内容
  • 資産運用相談業務
  • ローン相談業務
  • 法人融資業務
  • コンサルティング業務
  • システム関連業務

それぞれ詳しくみていきます。

資産運用相談業務

資産運用相談業務では、支店に来店された個人顧客に対して資産運用の相談を行っていきます。

預金商品だけでなく投資信託や保険商品なども提案するので、様々なニーズにアプローチしていく広範な知識が必要です。

ローン相談業務

ローン相談業務では、顧客あった各種ローンの相談を行っていきます。

住宅ローンやマイカーローン、カードローンなど様々なローン商品を提供しています。

法人融資業務

法人融資業務では、法人顧客に対して融資を提供していきます。

法人融資業務では、企業金融や事業環境について深い知識が要求されるので、日々知識をアップデートしていく姿勢が要求されます。

コンサルティング業務

コンサルティング業務では、法人顧客に対して、資金調達やビジネスマッチングなど非常に多岐にわたる分野のアドバイスを行っていきます。

資金調達で言えば、VCやエンジェル投資家からの出資を募るエクティファイナンス、銀行や日本政策金融公庫からの融資を募るデッドファイナンスなどを活用することで、企業の事情に応じた様々な資金調達方法のアドバイスを行っていきます。

ビジネスマッチングでは、中国銀行のネットワークを活用し、取引先となる法人顧客同士を繋ぐサービスを行います。

いずれも顧客企業について精通している必要がありますが、顧客に心から感謝される仕事なのでやりがいの大きい業務と言えます。

システム関連業務

システム関連業務では、中国銀行で使用しているシステムの修理や刷新を行います。

また、ユーザーの利便性を高めるにWEBサイトやアプリの開発も行っています。

中国銀行の強み

次に、中国銀行の強みと弱みを見ていきます。

強みから見ていきましょう。

中国地方での顧客基盤

中国銀行の強みとしては、中国地方での顧客基盤が挙げられます。

中国銀行は預金・貸出金シェアが岡山県では1位であり、圧倒的なプレゼンスを誇っています。また、広島県や香川県でも高いシェアを誇っており、西日本での影響力は相当なものです。

出所:中国銀行「個人投資家向け説明会資料」

強固な顧客基盤を有しているため、風当たりの強い地方銀行業界の中でも頭一つ抜けている印象がありますね。

地方銀行とのアライアンス戦略

地方銀行とのアライアンス戦略も中国銀行の強みと言われています。

中国銀行は、有力地方銀行で構成される「TSUBASAアライアンス」に参画しており、各銀行のノウハウや情報を共有することで、質の高いソリューション提案につなげています。

出所:中国銀行「個人投資家向け説明会資料」

実際に各銀行やビジネスマッチングやM&Aに繋げている事例も数多く、アライアンス戦略が機能していることがわかります。

中国銀行も積極的に他校のリソースを活用することで、一層の収益を追求することが出来ます。

中国銀行の弱み

異業種との連携力

中国銀行の弱みとして、異業種との連携力が挙げられます。

中国銀行は資本力や人的リソースが比較的充実しているため、自前でサービスを開発・運用している印象があります。

これ自体は悪いことではありませんが、静岡銀行や横浜銀行は積極的にIT企業やメディア企業と連携して効率的に事業展開しているので、中国銀行の足腰の重さが目立ってしまっています。

変化が激しい事業環境に追いつくためにも、異業種との連携が必要になってくるでしょう。

金利環境の悪さ

金利環境の悪さも中国銀行の弱みです。

中国銀行に限らず金融業界全体に言えることですが、日本は近年金利が絶望的な水準で推移しているため、貸出収益が低い水準が続いています。

こればっかりはマクロ経済要因なのでどうしようもないですが、従来の銀行ビジネス以外の収益源が必要となってくるでしょう。

なお、地方銀行についてより深く勉強したい方には、次の本をおすすめします。

地方銀行のビジネスモデルや将来についてわかりやすく分析されており、特に巻末の地銀分析表は就活生・投資家にとっては有用です。

中国銀行の年収

次に、中国銀行の年収についてみていきます。

今回は中国銀行が公表している決算資料と、口コミサイトに記載されている年収を参考にしています。

決算資料でみる年収

中国銀行が公表している有価証券報告書に平均年収の記載があります。年収に関する唯一の公式資料ですから確認すべきです。

中国銀行の年収(有報)

平均年収:6,588,000円
平均勤続年数:15年8ヶ月
平均年齢:38.3才

参考:中国銀行「有価証券報告書」

有価証券報告書によると、中国銀行の年収は658万円であることが分かります。地方銀行としてのプレゼンスとしては、やや低い印象がありますね。

口コミサイトでみる年収

次に、口コミサイトのOpenWorkで中国銀行の年収をみてみましょう。

中国銀行の年収(口コミ)

回答者の平均年収:477万円

参考:Open Work

有報の年収より低いですが、回答者の多くが若手や中堅であることを踏まえると、納得できる値だと思います。

中国銀行の新卒採用

中国銀行の新卒採用事情についてみていきます。新卒で中国銀行を目指す学生はご活用ください。

募集職種

  • 営業職
  • システムエンジニア職

採用フロー

中国銀行の新卒採用フローは次の通りです。

中国銀行の新卒採用フロー
  1. WEBエントリー
  2. ES提出
  3. 説明会
  4. 面接会(複数回)
  5. 内々定

初任給

中国銀行の初任給は次の通りです。

中国銀行の初任給
  • 大学院卒:226,000円
  • 大学卒:205,000円
  • 短大・専門学校卒:171,000円

福利厚生

生活関連制度・社宅制度
・独身寮
休暇関連制度・年次有給休暇
・リフレッシュ休暇
・出産・育児休暇
・不妊治療休暇
資産関連制度・退職一時金制度
・財形貯蓄制度
・持株会制度

中国銀行への転職

次に、中国銀行への転職を目指す方に向けて、同行のキャリア採用情報をお伝えします。

募集ポジション

中国銀行が2021年5月時点で中途採用で募集しているポジションは次の通りです。

  • 営業職(法人営業、個人営業)
  • 専門職(コンサルティング業務、不動産融資関連業務、M&A業務、事業承継業務など)

有利になる資格

中国銀行へ転職するにあたって有利になる資格は次の通りです。

  • 銀行業務検定:銀行業務に必要な知識、技能を証明できる
  • 簿記検定:銀行員に必要な経理・財務知識を証明できる
  • FP:リーテル業務に必要な知識を証明できる
  • 証券外務員:入行する上で取得必須であるため、熱意を証明できる
  • 証券アナリスト:財務・金融知識を体系的に学習できる上、難関資格であり知識を証明できる

上記の資格は中国銀行に転職する上で有利になるので、積極的に挑戦しましょう。

当サイトでは各種資格の勉強法についても詳しく解説しているので、是非参考にしてみてください!

あわせて読みたい
【合格者解説】日商簿記を取得するメリットとデメリットを解説!
【合格者解説】日商簿記を取得するメリットとデメリットを解説!皆さんこんにちは。今回は日商簿記、いわゆる簿記資格を取得するメリット・デメリットを発信していきます!【日商簿記を取得するメリット】はじめに、日商簿記を取得す...
あわせて読みたい
【2021年版】FP2級・AFP対策におすすめのテキストと問題集を解説!
【2021年版】FP2級・AFP対策におすすめのテキストと問題集を解説!皆さんこんにちは。今回はFP2級試験対策におすすめのテキストと問題集を発信していきます!各テキストのメリット・デメリット、そのテキストに向いている人の特徴も併...
あわせて読みたい
【2021年版】証券アナリスト資格の試験概要・難易度・勉強時間を解説
【2021年版】証券アナリスト資格の試験概要・難易度・勉強時間を解説皆さんこんにちは!牧野です。今回は証券アナリスト資格試験の概要と難易度を発信していきます!金融系資格の中でトップクラスの難易度を誇る証券アナリストですが、一...

おすすめの転職サービス

中国銀行などの地方銀行への転職を目指すにあたって、おすすめの転職サイトは「コトラ」です。

コトラは金融機関へ転職を強みとしており、地方銀行の求人も多数扱っています。リテールからマーケット、投資銀行業務など様々な求人を見つけることができます。

また、大手転職サイトの「DODA」もかなりの数求人を扱っています。その証拠に、2021年4月時点では200件以上の求人を確認できました。

両サービスとも非公開求人を多数扱っているので、無料登録して全ての求人を確認してみましょう!

中国銀行の評判

口コミサイトでの評判

中国銀行で実際に働いた方々からの評判・口コミを掲載しております。

営業職6年目

新人は研修や事務作業に追われますが、力がついてくること法人営業で実力を試すことができ、いくらでもビジネスを創出する機会はあります。

よく地方銀行はカチカチで自由にできないと言いますが、地方銀行ならではのコネクションをフル活用すればいくらでビジネスマッチングや融資案件を察知することができます。

日頃から勉強が必要ですが、やりがいの大きい仕事だと思いますよ。

事務職5年目

もちろん支店によると思いますが、パートや嘱託の方は定時より早く帰ることができ、家庭に時間を多く割くことが出来ます。

総合職でも育休や産休を活用している方はとても多く、職場復帰も当たり前になっています。

女性が働きやすい環境だと言えます。

営業職8年目

金融機関なので土日は休みであり、有給の調整しやすいのでワークライフバランスはいいと思います。

ごくまれにクライアント企業様の接待や行事に参加する必要があるので、その場合は休日返上という形になります。

しかし、この点は企業様の評価につながるので、積極的に参加すべきだとは思いますけどね。

Twitterでの評判

中国銀行のサービスに関するTwitterでの評判をまとめております。

中国銀行のニュース

最後に、中国銀行に関する直近のニュースをまとめておりますので、ご参考ください。

地域循環型の除菌ウエットティッシュの開発協力について

当行では、持続可能な循環型社会の実現を目指し、赤磐市地域おこし協力隊の戸田 洋美氏が取組む「赤磐産ブドウのウエットティッシュ(除菌シート)」の製品化に向けた支援をおこないました。本取組みは、地域の廃棄食料ゼロを目指したサステナブルな商品開発に向けて、岡山県赤磐地域の地元農家さんの悩みを解決したい!という戸田氏の想いからスタートしました。そこに、独自の発酵技術で未利用資源をもとに天然由来の「バイオエタノール」を製造する株式会社ファーメンステーションさまを当行が紹介し、製品の商品化に向けて本格的に事業を進めてまいりました。

引用:中国銀行(2021年5月17日)

「ちゅうぎんオープンラボ」の取組み開始について

当行では、人材育成や組織の活性化、独自性のある課題解決案の創出を目的として、新たにちゅうぎんオープンラボを開始します。ちゅうぎんオープンラボとは、従業員が日頃感じている課題の解決や新たな事業アイディアについて、考案者自身が、業務時間の一部を活用し、実現に向けた活動をおこなうことができる取組みです。オープンラボは、当行が中期経営計画の主要施策として掲げている「地方創生、SDGsの取組み強化」「お客さま本位の営業の『深化』」「組織の活性化」を包括した取組みです。既存の業務の枠にとらわれずアイディアを募り実現していくことで、これまで以上に幅広くお客さまのニーズに対応するとともに地域社会へ貢献してまいります。

引用:中国銀行(2021年3月30日)

行政機関向け「預貯金等照会電子化サービス」の導入について

当行では、株式会社 NTT データが提供する預貯金等照会業務の電子化サービス「pipitLINQ ピピットリンク」の運用を開始しますのでお知らせします。本サービスの導入により、これまで書面だった行政機関からの預金等照会の受付・回答業務をペーパーレスでおこなうことが可能となります。本件は、政府が推進する「デジタル・ガバメント実行計画」における事務処理の電子化を積極的に進めるもので、行政機関および金融機関双方の業務効率化や迅速化、セキュリティ強化が期待されます。また、当行では中期経営計画「未来共創プラン ステージⅡ」の5つの柱の中で「デジタル戦略の強化」に取組んでおり、行政機関をはじめとしたお取引き先との業務効率化に貢献してまいります。

引用:中国銀行(2021年2月25日)
1 2
中国銀行の業務内容・強み弱み・年収

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

応援励みになります
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる