【証券アナリスト】財務分析ノート6「棚卸資産の種類と評価方法」

皆さんこんにちは!ピーマンです。

今回は証券アナリスト試験のまとめノートを発信していきます!

財務分析の第6回は、棚卸資産の種類と評価方法を扱っています。

[box02 title=”こんな人にオススメ”]

  • 証券アナリストの学習者
  • 財務を勉強中の方
  • 財務・経理の仕事を目指す方
  • 金融業界を目指す学生

[/box02]

〈第5回「デリバティブとヘッジ会計」の内容は次の記事をご参照ください〉

あわせて読みたい
【証券アナリスト】財務分析ノート5「デリバティブの評価とヘッジ会計」 皆さんこんにちは!ピーマンです。 今回は証券アナリスト試験のまとめノートを発信していきます! 財務分析の第5回は、デリバティブの評価とヘッジ会計を扱っています。...
目次

棚卸資産とは

棚卸資産とは、生産・販売活動を通じて収益を得る目的で消費される資産です。次の4つに分類されます。

棚卸資産:会社が、販売する目的で一時的に保有している商品・製品・原材料・仕掛品の総称のことである。一般的には、「在庫」とも言う。 -野村證券

棚卸資産の種類

棚卸資産は次の4つのグループに分類されます。

商 品・製 品 営業過程において販売するために保有するもの
仕掛品・半製品 販売を目的としたもので製造中のもの
原 材 料 製品を製造するために消費されるもの
貯 蔵 品 販売・管理活動において短期的に消費されるもの

商品と製品の違いは、商品が他社から仕入れたもので、製品が自社で生産したものです。

仕掛品と半製品の違いは、仕掛品が製造途中であり販売できないもので、半製品は製造途中でも販売できるものです。

棚卸資産の取得原価

棚卸資産の取得原価は、購入による場合と製造による場合とで異なります。

[box03 title=”棚卸資産の取得原価”]

購入時の取得原価=購入代価+付随費用
製造時の取得原価=原価計算によって算定

[/box03]

棚卸資産の原価計算

棚卸資産の適正な損益計算を行うには、売上高に棚卸資産の取得原価を適切に対応させないといけません。

そのためには既に販売された金額(売上金額)と、未だに販売されていない金額(在庫)の把握が必要であり、製品・商品の数量と単価を算出しないといけません。

棚卸資産の数量計算

継続記録法

継続記録法とは、棚卸資産の種類別に帳簿を設け、受払いの都度記録する方法です。残高が表示され、在庫数量を管理することができます。

  • (前期繰越数量+当期受入数量)−当期払出数量=次期繰越数量

定期棚卸法

定期棚卸法とは、前期繰越数量と当期受入数量だけを記録し、残高を実地調査する方法です。前期繰越数量と当期受入数量の合計から期末の実地棚卸数量を差し引いたものを払出数量とみなします。

  • (前期繰越数量と当期受入数量)−次期繰越実地棚卸数量=当期払出数量

棚卸資産の単価計算

個別法

個別法とは、取得原価の異なる棚卸資産を区別して記録し、払出時には個々の実際原価を払い出し単価とする方法です。

先入先出法

先入先出法FIFOFirst-In, First-Out)とは、先に受け入れた棚卸資産から先に払い出していくという仮定のもとで記録する方法です。

棚卸資産の貸借対照表価額は、その資産の期末の時価に近い価額で評価される点

保有損益が売上総利益の中に算入される点

移動平均法

移動平均法とは、新たな資産を受け入れるたびに、平均単価を算出し直し、その平均単価によって払い出しを記録する方法です。

期末にならなくても平均単価を把握できる点

払出の都度、平均単価を算出しなければならない点

総平均法

総平均法とは、一定期間に受け入れた棚卸資産の合計金額を、その数量の合計で除して平均単価を求める方法です。

平均単価の計算が1回で済む点

払出単価が一定期間後でなければ確定しない点

棚卸資産の評価方法

棚卸資産は、取得原価によって貸借対照表価額とします。

期末における売却価額が取得原価よりも低い場合、つまり損が発生した場合には当期の費用として扱います。

棚卸資産は在庫なので、減耗が発生することが度々あります。棚卸資産の減耗とは、紛失や盗難、品質低下のことです。

減耗に原価性がある場合(恒常的に発生する場合)は売上原価に計上し、原価性がない場合(突発的な場合や異常な数量の場合)は特別損失として計上します。減耗の金額自体がごく僅かの場合は、営業外費用として計上することもできます。

表示区分 表示科目
評価損 下記以外 売上原価 商品評価損
臨時的に発生 特別損失
減耗損 原価性あり 売上原価 商品減耗損
原価性なし 特別損失or営業外費用

 

[jin-sen color=”#f7f7f7″ size=”3px”]

証券アナリスト財務分析科目を網羅的にかつ分かりやすく発信しております。他の科目と併せて学習することで漏れなく対策できるので是非(^^)

参照ページ 重要度
財務分析ノート0「財務諸表の構成と見方」 [jinstar4.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート1「制度会計とディスクロージャー制度」 [jinstar2.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート2「監査意見の種類と定義」 [jinstar3.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート3「貸倒見積高の算定」 [jinstar4.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート4「有価証券の表示と評価方法」 [jinstar5.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート5「デリバティブの評価とヘッジ会計」 [jinstar4.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート6「棚卸資産の種類と評価方法」 [jinstar3.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート7「固定資産の種類と取得原価」 [jinstar3.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート8「減価償却の方法と計算」 [jinstar5.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート9「リース会計の分類と計算」 [jinstar3.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート10「減損会計の対象と手順」 [jinstar4.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート11「繰延資産の償却と表示」 [jinstar2.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート12「経過勘定の種類と財務諸表での表示」 [jinstar2.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート13「引当金の意味とは?種類と表示」 [jinstar3.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート14「退職給付会計の費用と計算」 [jinstar3.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート15「株主資本の項目と自己株式」 [jinstar4.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート16「包括利益の計算方法と表示」 [jinstar4.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート17「評価・換算差額等とは」 [jinstar2.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート18「新株予約券の意味と会計処理」 [jinstar2.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート19「剰余金の配当と分配可能額」 [jinstar2.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート20「収益と費用の認識と対応」 [jinstar3.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート21「販売形態別の収益認識基準」 [jinstar3.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート22「外貨建項目と外貨建財務諸表の換算」 [jinstar4.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート23「合併会計と連結範囲」 [jinstar2.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート24「連結の考え方と資本連結」 [jinstar4.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート25「税効果会計の意味と計算」 [jinstar4.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート26「財務分析に使える指標」 [jinstar5.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート27「株式価値の評価方法と計算」 [jinstar5.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]

※重要度は試験への出題頻度や配点を基に決定しています

これまでの内容がインプットできたら、次に例題を解いて知識を定着させましょう!

1 2
応援励みになります
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる