【居住者談】タワーマンションに住む4つのメリットとデメリット

皆さんこんにちは。牧野です。

皆さん”お金持ち”と聞いて何を真っ先に思い浮かべますか?私がTwitterで行ったアンケートでは、過半数の方が「タワーマンション」とご回答くださいました。

そこで今回は、私が実際に住んみて感じたタワーマンションに住むメリット・デメリットを発信していきます!

この記事で分かること
  • タワーマンションに住むメリット
  • タワーマンションに住むデメリット
  • 居住者としての結論

なお、私が現在住んでいる物件はアトラスタワー〇〇の1LDKであります。〇〇まで公表すると住所がバレてしまいますが、一応証拠画像を載っけておきますぜ。

目次

タワーマンションに住むデメリット

タワーマンションに住むデメリットからお伝えしていきます。

デメリットが意外にも多かったので今回の記事を作成しようと思ったのですが、当然というものから意外なものでお伝えできると思います。

自動車の出し入れが不便

私は車を所有していないので感じませんが、タワーマンションに住むデメリットに、自動車の出し入れに時間を要することが挙げられます。

多くの住民が住んでいるわけですから、それだけ通勤・通学などの時間帯が重なります。週末に他の家族と駐車場で鉢合わせになることも頻繁にあります。これはこれでまた時間がとられそうですね(笑)

忙しい朝に車の出し入れに時間をとられると相当フラストレーションが溜まると思います。車を手放せない人は要注意かもしれませんね。

高い賃料・公益費

やはり高額な賃料も代表的もデメリットと言えます。もはや当然すぎてデメリットとして紹介すべきではないかもしれませんが(笑)

物件や場所によって当然異なってきますが、都内であれば、SUUMOで確認できる限り1Kでも20万からが相場みたいです。毎月賃料だけで最低でも大卒の初任給が吹っ飛ぶわけですから、恐ろしいですよ。

もちろん私たちもこの高い賃料を甘んじて受け入れているので住んでいるわけですが、決して安いと感じている人はいないと思いますよ(多分)

ホームパーティーができない

私は不幸中の幸い(?)にも友人が少ないので、友人を家に招いてドンちゃん騒ぎする人間ではありません。それでも、数少ない友人を招いて家で騒ぎたい気分になるときは当然あります。

タワーマンションは住民への配慮が一層求められる物件ですから、お隣りさんへの迷惑を考えるとバカ騒ぎはできない環境にあると言えます。

この点私のような陰キャであれば不満はないでしょうが、陽キャの方々には若干の不満要素になるかもしれませんね。

とは言え、タワーマンションではゲストルームやパーティールームを設けているので、このデメリットが必ずしも該当しない場合があります。

階層ヒエラルキーがある場合も

どんな環境にも優劣をつけたがるのがこの資本主義社会というもので、タワーマンションについても住んでいる階層で異なる扱いを受けることが稀にあります。

例えば、目黒区にあるクロスエアタワーや晴海のドゥトゥールタワーでは、階層によって使えるエレベーターが分けられています。2F〜10Fは1号基、11F〜19Fは2号基みたいな感じです。

高層階だから偉いとか当然ないですが、目に見える形で住んでいる階層が分かる仕組みに、不満を持つ人がいるかもしれません。

あとは、子供が同じマンションのお友達を呼ぶときに「~階の○○ちゃん」と呼ぶことがあるそうです。子供なので悪気は当然ないでしょうが、数字が大きい方が偉いと思うのもまた子供です。

育ちがいいのでいじめ等はまずありませんが、タワーマンションに住んでいるが故に生じる事ですね。

タワーマンションに住むメリット

次に、タワーマンションに住むメリットを発信していきます。自分のした選択が間違いだと思いたくないので、メリットに関しては絞り出したようなものもありますがご容赦ください(笑)

住民の育ちがいい

私が感じる一番のメリットは住民の育ちの良さです。マンション内ですれ違うビジネスマンや学生さんとエレベーターで一緒になると必ず挨拶してくれます。子供嫌いな私が積極的に子供たちに挨拶するくらいですから相当ですよ(笑)

高級タワーマンションにもなると、大手企業の幹部や若手起業家の方々が住んでいるため同じ空間にいるだけで良い刺激をもらえます(もらえる気になっているだけ笑)

余談ですが、上記のような成功者の奥様は得てして美人さんが多いです。もちろん出会いの場としては一切期待していませんが、毎日目の保養になります( ´艸`)

ステータスを感じる

地域のシンボル的物件に住んでいるので鼻が高くなるのは自然でしょう。人間的な優劣がつくわけでは決してありませんが、それでも「頑張ったんだな俺」と思うには十分な見栄えであります。

私はよくオリエンタルラウンジという相席屋に遊びに行くのですが、自宅の画像を見せると二次会を私の家で開催したくなるようで、コスパよく自宅にお招きできます(クズ)

セキュリティがしっかりしているため周囲の小・中学生の集合場所にも活用されます。フロントが綺麗な築浅マンションであれば、住んでいるだけで子供たちに憧れてもらえるかもしれませんな(イタい勘違い)

圧倒的なセキュリティ

タワーマンションでは営業がくることはまずありません。理由はシンプルでその圧倒的なセキュリティの高さにあります。

まず部屋にたどり着くまでに3回(物件によっては4回)開錠する必要があります。

そして1階にはコンシェルジュ、もしくは管理人が常にいらっしゃるので、不審者を見つけ次第即対応してくださいます(いないこともあるけど笑)

証券会社で営業していたときは、タワーマンションのようなお金持ちの巣窟に営業できないのは歯がゆい気持ちで一杯でしたが、いざ住民になってみるとありがたいですね。

周辺施設が充実している

当たり前ですが、タワーマンションには多くの住民と多くのお金が住んでいます(よろしくない表現ですね)から、その周辺施設は嫌でも充実することになります。

私の家の場合、徒歩2分圏内にスーパー2軒、コンビニ3件、カフェと焼肉屋、クリニック、ドラッグストアなど数多くのお店があります。加えてマンションの1階に保育施設やクリーニング、美容院まであります。何をするにも200mほど歩けば済んでしまうわけですね。

もちろん大抵のタワーマンションは駅近に建てられることが多いですから、通勤通学にも困ることはありません。便利の極みですね。

最後にメリットとデメリットをまとめておきますね。

  1. 高い賃料
  2. 自動車の出し入れが不便
  3. ホームパーティーが出来ない
  4. 階層ヒエラルキーがある場合も
  1. ステータスを感じる
  2. 圧倒的なセキュリティ
  3. 住民の育ちがいい
  4. 周辺施設が充実している

いかがでしたでしょうか。

タワーマンションに限らず一軒家や低層マンションでもそれぞれ長短があり、自分の価値観に合った物件を選ぶべきだと思います。

私はタワーマンションに住みはじめたことで、初めてご近所付き合いを学ぼうと思いましたし、何より一層仕事に身が入るようになりました。毎月高い賃料を払わないといけませんからね(笑)

高い賃料に見合った経験はできるでしょうから、一生に一度はタワーマンションに居住されることをお勧めします!

大手金融グループの三菱UFJ不動産販売では、最新の物件情報を知らせてくれるサービスを提供しています。自分が設定した条件を満たす物件のみを紹介してくれるので、気に入った物件を簡単に見つけることができます。

無料でマイページに登録できるので、自分好みの物件を手軽に探してみてましょう!

応援励みになります
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる