【2021年版】シティグループ証券の業務内容・採用・平均年収を解説

シティグループ証券の主要部門・採用・平均年収

皆さんこんにちは。牧野です。

今回は米大手金融グループであるシティグループ証券の主要部門・採用事情・年収について発信していきます!

  • シティグループ証券ってどんな仕事しているの?
  • 採用事情は?
  • 平均年収は?
  • 最近のニュースは?

このような疑問は全てこの記事で解決していきます。

目次

シティグループ証券とは

シティグループ証券とは、米国大手金融グループであるシティグループの証券業務を担う証券会社です。

世界160の国と地域に2億以上の顧客口座を持つグローバル金融機関でありながら、100年以上前に日本に参入してきた馴染みの深い外資系企業でもあります。

シティグループ証券の企業概要

シティグループ証券は米国のマンハッタンに本社をおく証券会社です。企業概要は次の通り。

会社名 シティグループ(Citi Group)
設立年 1812年
代表者 ジェーン・フレイザー(CEO)
社員数 204,000人
住 所
388 Greenwich Street New York

 

ジェーンCEO

米大手金融初の女性CEOとして大注目されちゃったわね(^ω^)

ちなみに昨年にもウェルズ・ファーゴのCEO候補になってたからね。私凄すぎる…

日本におけるシティグループ証券

シティグループは日本での事業展開のために、シティグループ証券と言う日本法人を設立しています。企業概要は次の通りです。

企業名 シティグループ証券株式会社
代表者 リー・ロバート・ウェイト
住 所 東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング

 

リー・ウェイト社長

シティの前身であるEFハットン証券の時からシティで働いているよ(^^)

日本のプレゼンスって低いから、願わくばシンガポールとか行きたかったな〜(^ω^)

シティグループ証券の部門

シティグループ証券では具体的にどのような業務を行なっているのでしょうか。企業サイトを参考にしながらまとめてみました。

投資銀行・法人金融部門

投資銀行・法人金融部門では、法人向けに多岐にわたる金融商品とサービスを提供しています。

具体的なサービスは次の通りです。

CB 顧客の親会社、地域統括会社、現地子会社を担当するリレーションシップ・マネージャーが顧客に金融サービスを提供しています。
IB M&Aアドバイザリー、株式や債券による資金調達サービスを提供しています。
CMO 顧客の資金調達のニーズを、株式の新規上場、債券の新規発行、最先端の仕組み商品など、様々な形で応えていきます。

CB:コーポレート・バンキング
IB:インベストメント・バンキング
CMO:キャピタルゲ・マーケット・オリジネーション

シティグループ証券の投資銀行部門は日本でも高いプレゼンスを誇っており、M&A財務アドバイザー案件ランキングでも毎年上位にランクインしています。

出典:Bloomberg

マーケッツ&セキュリティーズ・サービス部門

マーケッツ&セキュリティーズ・サービス部門では、企業、機関投資家、政府・行政機関といった顧客の多様なニーズに対応し、様々な金融商品・サービスを提供しています。

また、扱う商品の種類によって、以下のように部署分けされています。

債券
  • 国債・政府保証債・財投機関債・地方債・事業債などの伝統債券
  • 上記のデリバティブズ
  • 為替、エクイティ、コモディティなどと金利を組み合わせたハイブリッド商品
  • 証券化商品などのストラクチャード・ファイナンス、クレジット・デフォルト・スワップなどの新しい金融商品
エクイティ
  • 上場・店頭株式
  • 転換社債
  • デリバティブズ・仕組商品
  • プライム・ブローカレッジ
  • 証券金融
インベスター・サービス 機関投資家に、プライム・ブローカレッジ、クリアリング、担保管理、カストディ、ファンド・サービスなどのソリューションを提供しています。

トレジャリー&トレード・ソリューション部門

トレジャリー&トレード・ソリューション部門では、一体的なキャッシュ・マネジメントとトレード・ファイナンスを世界中の多国籍企業、金融機関、公的機関に提供しています。

貿易金融サービスも展開しており、サプライヤー・ファイナンス、リスクヘッジプランニング、貿易金融サポート、穀物輸入取引や海外日系子会社の発展途上国向け輸出への中長期融資などを提供しています。

リサーチ部門

リサーチ部門では、国内外の顧客に向けて、マーケット情報を提供しています。

  • エクイティ
  • 債券
  • 経済
  • マーケット分析
  • プロダクト分析

各セクターのプロフェッショナルが、質の高い調査レポートを作成しています。

シティグループ証券の新卒採用

シティグループ証券への新卒入社を目指す方に向けて、(多分)有用な情報をお伝えします。

新卒採用フロー

シティグループ証券の新卒採用フローは以下の通りです。

※部門・部署によって異なる場合があります

新卒採用フロー

  1. ES
  2. Webテスト
  3. 書類選考
  4. ジョブ・インターン
  5. 最終面接

外資系投資銀行あるあるですが、本採用前にインターンを突破する必要があります。

書類選考とテストを突破してもインターンで落ちる学生も少なくないので、インターンの対策も重要となります。

採用部門

シティグループ証券が日本において募集しているポジションは次の通りです。先述した業務内容を細分化した感じですね。

  • 投資銀行部門
  • 資本市場部門
  • マーケッツ&セキュリティーズ・サービス部門
  • リサーチ部門
  • 法人金融部門
  • トレジャリー&トレード・ソリューションズ部門
  • オペレーション部門
  • テクノロジー部門

※便宜的に部門としていますが、実際のビジネスユニットは異なります。

必要な英語力

シティグループ証券では、新卒採用時点で高い英語能力を必ずしも要求されてはいません。

「社内共通語は英語のため、英語は必要です。ただし、採用部門やポジションによって求められる英語力は異なります。ネイティブ・レベルの英語力である必要はありませんが、グローバル企業の一員としての自覚を持ち、英語という共通語で仕事をするということに対して挑戦していく気概があることが大前提です。」-Citi FAQ

しかし、仕事を進める上で高い英語能力は欠かせないので、インターンに参加する前から英語力を高めておきましょう。

ちなみに、モルガン・スタンレーとUBSに新卒入社した友人は、二人ともTOEIC930点以上ありました。

必要な学歴

シティグループ証券に入社するにあたって必要な学歴は早慶以上と言われています。

手作業で有名大学の就職実績からシティグループ証券を探しましたが、一橋大学の商学部で発見できました(大変だったぜ…)

出典:一橋大学商学部

もちろん高学歴は採用の絶対条件ではありませんが、高学歴であればあるほど可能性が高まるのは間違いないでしょう。

シティグループ証券の転職

シティグループ証券への転職方法は次の通りです。

Citiへの転職ルート

  • シティグループ証券の紹介(一番多い)
  • 金融業界に強い転職エージェントを用いる
  • キャリア採用HPに応募

シティグループ証券に限らず、外資系投資銀行では即戦力が求められます。ゆえに同業他社から声がかかって転職する場合が多いようです。

現時点で同社の人脈がない場合は、社会人向けOB訪問サービスである【CREEDO(クレード)】を活用してみましょう。

GSやUBSなどの外資系投資銀行に在籍している方、もしくは勤務経験のある方からキャリア相談を受けることができます。

【CREEDO】に無料登録する!

しかし、外銀の人脈がない場合でも、金融業界に強い転職エージェントを活用する選択肢もあります。

外資系投資銀行を始めとする金融業界への転職に強い【KOTORA(コトラ)】であれば、外資系金融機関の求人が常に公開されているので、登録してみて求人を確認してみましょう。

【コトラ】で求人を見てみる!

社内に知り合いがいなくて、かつ転職エージェントも活用しない方はキャリア採用ページから応募するそうです。英語表記ですがキャリア採用ページを貼っておきます。

シティグループ証券のグローバル・サイト 

シティグループ証券の年収

シティグループ証券の年収をお伝えします。

今回はシティグループの決算資料と、口コミサイトの情報を参考にしております。

決算資料でみるシティグループ証券の年収

シティグループ証券の年収を、同社が公表している直近の決算資料(Financial Disclosures)から読み取っていきましょう。今回は次のように計算しました。

報酬・福利厚生(Compensation and benefits)÷社員数(Number of employees)

出典:Citi Group

2019年度の決算書類(Annual Report)によると、シティグループ証券の報酬・福利厚生が21,433百万ドル、社員数が204,000人です。

決算資料でみるCitiの年収

21,433,000,000×103.57÷204,000=10,881,450円

※2020年12月30日のドル円レート=103.57

決算資料では、シティグループ証券の平均年収は1,088万円であることがわかりました。

こちらには外部コンサル料金や業務委託報酬も含まれているので、正社員の年収は上振れすると思われます。

口コミサイトでみるシティグループ証券の年収

次に口コミサイトでの年収をみていきましょう。

大手口コミサイトのOpen Workによると、シティグループ証券の平均年収は1,902万円だそうです。

個人的にはこちらの方がリアルな値だと感じています。

シティグループ証券のニュース

最後に、シティグループに関するニュースをまとめておきます。

シティグループ・ウェルス事業を統合

「米シティグループは13日、グローバル個人金融部門とインスティテューショナル・クライアント・グループのウェルスマネジメント担当チームを統合した新しい事業部門を創設したと発表した。保有資産20万ドル以上の幅広い層の顧客を対象とし、超富裕層も含まれる。」2021/1/14-Bloomberg

シティ9億ドル誤送金

「米銀シティグループ傘下のシティバンクは、レブロン向けの融資に関係する事務を代行していたが、元本の残り全額を債権者の一部に誤って送金するミスが発生し、資金の返還を求める訴訟を起こした。誤送金した9億ドルのうち資産運用会社から戻らない5億ドル余りの回収を目指す訴訟の手続きが、マンハッタンのニューヨーク州南部地区連邦地裁で今週始まり、担当者の証言から大失態の詳細が明らかになった。」2020/12/10-Bloomberg

シティグループに米当局が4億ドル制裁金

「米銀シティグループは4億ドルの制裁金支払いに同意し、大規模な買収を実施するには当局の承認を求めることを義務付けられる。同行は長年にわたる幾つかのリスク管理問題を当局に指摘された。」2020/10/8-Bloomberg

 

他の外資系投資銀行について発信している記事もあるので、併せて読んでみてください!

トップティア 【アメリカ】ゴールドマン・サックス
【アメリカ】モルガン・スタンレー
【アメリカ】JPモルガン
【アメリカ】BofA
セカンドティア 【イギリス】バークレイズ
【ドイツ】ドイツ銀行
【フランス】BNPパリバ
【スイス】UBS
【スイス】クレディスイス

シティグループ証券の業務内容や採用事情、年収についてお伝えしました。

シティグループ証券で行っている業務は非常に多岐に渡り、求められるスキルも当然異なります。

しかし、金融や財務に関する知識がベースとなることは容易に想像できますね。

そこで、バンカーを目指す方に「証券アナリスト資格」の取得をおすすめします。

  • 投資銀行部門で必要となる財務知識
  • マーケット部門で必要なる証券知識
  • リサーチ部門で必要となる経済知識

多くの部門・部署で必要となる知識を身に付けられる数少ない資格試験なので、是非取得を検討してみてください。

証券アナリスト資格に関する記事を数多く発信していますので、併せて読んでみてください(^^)

あわせて読みたい
【2021年版】証券アナリスト資格の試験概要・難易度・勉強時間を解説
【2021年版】証券アナリスト資格の試験概要・難易度・勉強時間を解説皆さんこんにちは!牧野です。今回は証券アナリスト資格試験の概要と難易度を発信していきます!金融系資格の中でトップクラスの難易度を誇る証券アナリストですが、一...
あわせて読みたい
【CMA】証券アナリスト証券分析の勉強法と参考書を証券マンが解説
【CMA】証券アナリスト証券分析の勉強法と参考書を証券マンが解説皆さんこんにちは!牧野です。今回は証券アナリスト資格試験の証券分析科目の勉強法とおすすめの教材について発信していきます!証券分析の難易度は?必要な勉強時間は...
あわせて読みたい
【CMA】証券アナリスト財務分析の勉強法と参考書を証券マンが解説
【CMA】証券アナリスト財務分析の勉強法と参考書を証券マンが解説みなさんこんにちは!牧野です。今回は証券アナリスト財務分析科目の勉強法とおすすめの教材について発信していきます!財務分析の難易度は?必要な勉強時間は?勉強法...
あわせて読みたい
【CMA】証券アナリスト経済の勉強法と参考書を証券マンが解説
【CMA】証券アナリスト経済の勉強法と参考書を証券マンが解説皆さんこんにちは!牧野です。今回は証券アナリスト経済科目の勉強法とおすすめの教材について発信していきます!経済の難易度は?必要な勉強時間は?勉強法は?おすす...
応援励みになります
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる