【証券アナリスト】財務分析ノート0「財務諸表の構成と見方」

皆さんこんにちは!ピーマンです。

今回から証券アナリスト試験のまとめノート発信していきます!

証券アナリスト取得を目指す方はご多忙な方が多いと思いますので、暇な私が要点をまとめたノートを公開しますぜ。通勤などのスキマ時間に活用いただけたらと思います(^^)

証券アナリスト財務分析の初回は、財務諸表の構成と見方を扱っていきます。

[box02 title=”こんな人にオススメ”]

  • 証券アナリストの学習者
  • 財務を勉強中の方
  • スキマ時間を有効活用したい方
  • 金融業界を目指す学生

[/box02]

企業が公表する財務諸表には数多くあります。その中でも企業の経営の実態を把握する上で特に重要なのは3つあります。みていきましょう。

目次

貸借対照表(BS)

貸借対照表とは

貸借対照表(BS:Balance Sheet)とは、株主・債権者等の利害関係者に企業の財政状態を明らかにするため貸借対照表日(決算日)における全ての資産・負債及び純資産を示したものです。

貸借対照表:企業の経営内容を開示する財務諸表のひとつで、一定時点の企業の資産、負債、資本などの状況を説明するための書類 -大和証券

貸借対照表の構造

貸借対照表の構造をフリマアプリ最大手のメルカリでみてみましょう。

メルカリ「決算短信」より

このように貸借対照表は「資産の部」「負債の部」「純資産の部」で構成されています。

資産の部 企業が保有する資産を表します。資産の形態によって、流動資産、固定資産、繰延資産に分類されます。
負債の部 企業が借りているお金(他人資本)を表します。返済時期によって流動負債と固定負債に分類されます。
純資産の部 企業自体のお金(自己資本)を表します。株主が出資したお金やこれまでの利益の積上金が該当します。

資産・負債の配列方法

メルカリの例をみても分かるように、資産の部でも負債の部でも流動項目を先に示し、その後に固定項目がありますよね。

これは流動性配列法と言われる表示方法です。

[box03 title=”流動・固定項目の配列方法”]

  • 流動性配列法:資産・負債について流動項目→固定項目の順番に配列する方法

財務流動性を見る際に有効。原則はこちらを適用。

  • 固定性配列法:資産・負債について固定項目→流動項目の順番に配列する方法

財務安全性を見る際に有効。

[/box03]

流動・固定の分類基準

そもそもなにをもって流動・固定の分類をしているのでしょうか。2つの基準があるのでみてきましょう。試験頻出です。

営業循環基準

営業循環基準とは、期間の長短にかかわらず、企業の営業循環過程にあるものを流動項目とする基準です。

製品を生産して販売し、そのお金でさらに生産するという企業の営業循環の中で活用される資産を流動項目とするのです。それ以外は固定項目になります。

  • 営業取引により発生した債権のうち、破産債権と更生債権は正常な営業循環過程から外れるので、後述する一年基準が適用されます
  • 棚卸資産のなかで、余剰品や長期的に在庫として保有するものは流動資産になります

一年基準

一年基準(ワンイヤールール)とは、決算日の翌日から起算して1年以内に入金または支払いの期限が到来するものを流動項目とし、1年を超えて到来するもの固定項目とする基準です。

メルカリが示している売掛金や未収入金などは、一年以内に支払いを受ける資金なので流動資産としています。

負債でも、一年以内に返済する必要がある未払金や未払費用は流動負債としています。

資産でも負債でも、ポイントは一年以内かどうかですね!

  • 未収収益、前受収益、未払費用は流動項目ですが、前払費用は一年基準を適用します
  • 固定資産は残存耐用年数が1年以下になっても固定項目です

損益計算書(PL)

損益計算書とは

損益計算書(PL:Profits and Loss statement)とは、株主・債権者その他の利害関係者に企業の経営成績を明らかにするため、一会計期間における全ての収益と費用を一覧表示したものです。

損益計算書:特定の期間における企業の経営成績を報告する書類の1つであり、収益と費用の項目によって構成され、その差額として利益が計算されている -みずほ証券

損益計算書の構造

同じくメルカリの損益計算書でみてきましょう。

メルカリ「決算短信」より

簡易的な損益計算書は次の通りです。各項目の説明をしていきますね(^^)

営業損益計算 ⑴売上高
⑵売上原価
売上総利益
⑶販売費及び一般管理費
営業利益
経常損益計算 ⑷営業外収益
⑸営業外費用
経常利益
純損益計算 ⑹特別利益
⑺特別損失
税引前当期純利益
法人税・住民税及び事業税
当期純利益

 

[box03 title=”損益計算書の項目”]

  • 営業損益計算:本業での収益と費用の計算

売上高:企業の本業で稼いだ利益
売上原価:売上高に対応する費用。製造業なら原材料費、小売業なら仕入費用
売上総利益:売上高−売上原価
販売費及び一般管理費:営業活動をする上でかかる費用。人件費、光熱費など
営業利益:売上総利益−販売費及び一般管理費

  • 経常損益計算:本業と財務活動も含めた総合的な収益と費用の計算

営業外収益:本業以外で稼いだ利益。不動産収入や利息、株の配当など
営業外費用:本業以外で使った費用。借入金の利息
経常利益:営業利益+営業外収益−営業外費用

  • 純損益計算:最終的な損益を求める計算

特別利益:本業以外で稼いだ臨時的な収益
特別損失:本業以外で使った臨時的な費用
税引前当期純利益:経常利益+特別利益−特別損失
法人税・住民税及び事業税:法人が事業活動を行う上で係る税金
当期純利益:最終的に残る会社への損益

[/box03]

  • 取引の対応関係や同質性に着目して収益・費用を対応させた区分表示と段階別利益に表示されます
  • 売上高については、総売上高から売上値引・戻りや割戻しを控除した純売上高が表示されます
  • 特別損益に属する項目であっても、金額の僅少なものまたは毎期経常的に発生するものは、経常損益損益計算に含めることができます

キャッシュフロー計算書(CF)

キャッシュフロー計算書とは

キャッシュフロー計算書とは、一会計期間における企業のキャッシュ・フローの状況を一定の活動区分別に表示した一覧表です。

キャッシュフロー計算書の構造

メルカリ「決算短信」より

キャッシュフロー計算書の基本的な考え方として

  • 期首のキャッシュ残高±期中のキャッシュの増減額=期末のキャッシュ残高

があります。

しかしこれでは、どのような用途によってキャッシュが使われたかが分からないので、キャッシュフロー計算書ではキャッシュの用途を3つに分けて説明しています。

営業キャッシュフロー 企業が営業活動によって獲得したキャッシュを示します
投資キャッシュフロー 事業を展開していくために必要なキャッシュを示します
財務キャッシュフロー 企業の資金調達、資金返済によって増減したキャッシュを示します

[jin-sen color=”#f7f7f7″ size=”3px”]

証券アナリスト財務分析科目を網羅的にかつ分かりやすく発信しております。他の科目と併せて学習することで漏れなく対策できるので是非(^^)

参照ページ 重要度
財務分析ノート0「財務諸表の構成と見方」 [jinstar4.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート1「制度会計とディスクロージャー制度」 [jinstar2.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート2「監査意見の種類と定義」 [jinstar3.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート3「貸倒見積高の算定」 [jinstar4.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート4「有価証券の表示と評価方法」 [jinstar5.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート5「デリバティブの評価とヘッジ会計」 [jinstar4.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート6「棚卸資産の種類と評価方法」 [jinstar3.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート7「固定資産の種類と取得原価」 [jinstar3.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート8「減価償却の方法と計算」 [jinstar5.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート9「リース会計の分類と計算」 [jinstar3.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート10「減損会計の対象と手順」 [jinstar4.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート11「繰延資産の償却と表示」 [jinstar2.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート12「経過勘定の種類と財務諸表での表示」 [jinstar2.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート13「引当金の意味とは?種類と表示」 [jinstar3.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート14「退職給付会計の費用と計算」 [jinstar3.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート15「株主資本の項目と自己株式」 [jinstar4.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート16「包括利益の計算方法と表示」 [jinstar4.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート17「評価・換算差額等とは」 [jinstar2.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート18「新株予約券の意味と会計処理」 [jinstar2.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート19「剰余金の配当と分配可能額」 [jinstar2.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート20「収益と費用の認識と対応」 [jinstar3.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート21「販売形態別の収益認識基準」 [jinstar3.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート22「外貨建項目と外貨建財務諸表の換算」 [jinstar4.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート23「合併会計と連結範囲」 [jinstar2.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート24「連結の考え方と資本連結」 [jinstar4.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート25「税効果会計の意味と計算」 [jinstar4.5 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート26「財務分析に使える指標」 [jinstar5.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]
財務分析ノート27「株式価値の評価方法と計算」 [jinstar5.0 color=”#ffc32c” size=”16px”]

※重要度は試験への出題頻度や配点を基に決定しています

これまでの内容がインプットできたら、次に例題を解いて知識を定着させましょう!

1 2
応援励みになります
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる