【2021年版】モルガン・スタンレーMUFG証券の主要部門・採用・年収を解説

皆さんこんにちは。牧野です。

今回はトップティアの一角モルガン・スタンレーMUFG証券の主要部門・採用事情・年収について発信していきます!

  • モルガン・スタンレーMUFG証券ってどんな仕事しているの?
  • 採用事情は?
  • 平均年収は?
  • 最近のニュースは?

このような疑問は全てこの記事で解決していきます。

目次

モルガン・スタンレーMUFG証券とは

モルガン・スタンレーMUFG証券は2010年にMUFG(三菱東京UFJフィナンシャルグループ(当時))と合弁しています。つまり現在は三菱UFJグループの一員なのです。

「ん?外資系じゃないの?どういうこと」私が就活生の時は混乱していました(笑)

答えは単純で、日本で証券営業を展開しているのが三菱UFJモルガン・スタンレー証券であり、世界的に投資銀行業務を展開しているのがモルガン・スタンレーMUFG証券です。

[chat face=”1000x-1-1.jpg” name=”三菱モルガン君” align=”left” border=”red” bg=”none” style=””]

僕らは三菱とモルガン・スタンレーのDNA(出資比率)が60%:40%の会社であります。国内で証券営業頑張ってます(^^)

[/chat]

[chat face=”Morgan-Stanley-6.jpg” name=”モルスタMUFG君” align=”right” border=”blue” bg=”none” style=””]

俺らは三菱とモルガン・スタンレーのDNA(出資比率)が49%:51%の会社ですぜ。世界的に投資銀行業務を展開していますぜ(^_-)

[/chat]

出典:モルガン・スタンレー証券

モルガン・スタンレーMUFG証券の企業概要

モルガン・スタンレーMUFG証券はアメリカのニューヨークに拠点を置く証券会社です。企業概要は次の通りです。

企業名 モルガン・スタンレーMUFG証券(Morgan Stanley)
設立年 1935年
代表者 ジェームズ・ゴーマン(会長兼CEO)
社員数 約60,000人(2019年)
住 所 New York City, New York, U.S.

[chat face=”download-4.jpg” name=”ゴーマンCEO” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]

外銀CEOでオーストラリア出身って珍しくない?あっしはコロンビア大学MBA出てからマッキンゼー行ったりメリル行ったりもう引っ張りだこだったの(^ω^)

[/chat]

日本におけるモルガン・スタンレーMUFG証券

モルガン・スタンレーMUFG証券は日本での事業展開のために日本法人を有しています。企業概要は次の通りです。

企業名 モルガン・スタンレーMUFG証券(株)
代表者 内田 和人(会長)
田村 浩四郎(社長)
社員数 約1,300人
住 所 東京都千代田区大手町1-9-7 大手町フィナンシャルシティ サウスタワー

モルガン・スタンレーMUFG証券の主要部門

モルガン・スタンレーMUFG証券では具体的にどのような業務を行なっているのでしょうか。企業HPを参考にしながらまとめてみました。

投資銀行部門

投資銀行部門では、政府機関や国内外の企業に対してM&Aアドバイザリーや資金調達サービスを提供しています。

ハイキャリアを目指す学生さんがよく口にするIBDは、この投資銀行部門を指しています。

「モルガン・スタンレーの有するグローバルで豊富な情報力、知見および実績を生かし、戦略的アドバイスや優れたエグゼキューション・サービスを提供しています」 モルガン・スタンレー証券

出典:Bloomberg

モルガン・スタンレーMUFG証券は三菱UFJの国内リーチ力と交わることで、例年国内トップクラスのプレゼンスを誇っています。さすがですね〜。

セールス&トレーディング部門

セールス&トレーディング業務では、お客様に対して多種多様な金融商品の販売と執行を提供しています。

「幅広い商品の提供や取引において証券業界を牽引する執行力を有しています。また、日々変化するグローバル市場においてリスク管理を重視し、多様な商品の取引や組成、革新的な案件の執行に携わっています」 モルガン・スタンレー証券

リサーチ部門

リサーチ業務では、企業や産業に関する調査レポートを作成し、お客様に分かりやすい形にして提供しています。

「企業、主要産業セクター、各国経済に関するタイムリーかつ仔細にわたるリサーチおよび分析情報を発信しています」 モルガン・スタンレー証券HP

モルガン・スタンレーMUFG証券のリサーチ部門で著名なアナリストは以下のとおりです。金融業界人で他社のレポートにも関心のある方であれば、一度は聞いたことがあるかもしれませんね。

リフィニティブ「スターマイン・アナリスト・アワード・ジャパン2019」
垣内真司 自動車業界(1位)
長坂美亜 銀行業界(3位)
林良太郎 ヘルスケア業界(3位)
渡部貴人 商社&流通業(2位)

資本市場部門

資本市場部門では、金融商品の発行の引き受けを行い、資本市場とお客様を繋ぐサービスを提供しています。プライマリー市場で大きな役割をになっているのです。

資本市場部門は、扱う商品が株式か債券かでグループが分かれます。

株式資本市場業務 グローバル新規株式公開から公募増資、転換社債型新株予約権付社債の発行および株式関連デリバティブまで、数多くの大型案件や複雑な株式・株式関連商品の発行をサポートをする業務
債券資本市場業務 仕組み債を含む多岐にわたる商品の公募および私募のオリジネーションや取り扱いを行うほか、債券・金利・為替関連デリバティブを扱う業務

モルガン・スタンレーMUFG証券の新卒採用

モルガン・スタンレーMUFG証券への新卒入社を目指す方に向けて基本的な情報を記しておきます。

新卒採用フロー

新卒の採用フローは以下の通りです。

[box05 title=”新卒採用フロー”]

  1. ES提出
  2. WEBテスト
  3. コース別選考
  4. グループディスカッション
  5. 1次面接
  6. ジョブ
  7. 最終面接

[/box05]

複数回の面接と、部署によってはインターンのようなジョブ形式がある採用フローだと認識しておくと良いでしょう。

採用部門

モルガン・スタンレーMUFG証券が日本において人員募集している部門は次の通りです。先述した業務内容をより細分化した感じですね。簡単にみていきましょう。

投資銀行部 企業の合併・買収(M&A)に関するアドバイザリー業務や資金調達業務などを中心に、幅広い企業金融サービスを提供します。
資本市場部 式・債券の傑出した引受能力を生かし、投資銀行部門および株式・債券のセールス&トレーディング部門と協働しながら、顧客と国際資本市場をつなぐ重要なパイプ役を担う業務です。
マーチャント・バンキング部 ファンドによって行われる不動産関連資産への投資やアドバイザリー業務から、投資を行った不動産関連資産のアセット・マネジメント業務まで、幅広い投資事業を行っています。
債券セールス・トレーディング部 トレーディング、セールス、商品開発、調査など各分野に精通したプロフェッショナルが高度な金融ノウハウを駆使して、顧客のポートフォリオ戦略の立案・実施を支援します。
株式セールス・トレーディング部 株式および株式関連商品の取引代行から複雑なデリバティブ商品の構築や高度なプログラム取引まで、広範囲におよぶ株式業務をグローバルに展開します。
バンク・リソース・マネジメント部 空売りやレバレッジ・サービスを必要とする顧客への貸株やレポ等のファイナンシングを提供します。
リサーチ部 主に機関投資家向けに、産業、企業銘柄、各国経済などの幅広い分野で付加価値の高いリサーチおよび投資アイディアを発信します。
ファイナンス部 財務諸表の作成や経営者向け管理会計報告と「ISGファイナンス」で行う収益構造の検証・リスクモニタリングやコントロールです。
オペレーションズ部 日々執行される大量の株式・債券・デリバティブ等の取引を迅速かつ正確に確認・照合し、資金および証券決済を行い、それらを財務諸表に反映させるまでの業務を担当します。
情報技術部 情報技術を駆使したシステム基盤設計やアプリケーション開発により、最新鋭の取引システムやリスク管理システムなどを構築します。
リスク管理部 リスク管理のフレームワークや限度枠の設定、リスクのモニタリングと経営陣および規制当局への報告します。
法務・コンプライアンス部 国内及び海外の法令諸規則に関するアドバイス、それらの遵守に関するコンプライアンス・プログラムの制定・実施・検証、契約書審査その他法務全般、並びに金融商品取引等に関する事案への対応します。

※便宜的に「部」という表記にしていますが、実際のビジネスユニットは異なります

必要な英語力

私自身モルガン・スタンレーMUFG証券には新卒でチャレンジしたことがないので、偉そうに採用ポイントを語ることができません。

実際に同社で働いている友人がいるので、彼女の言葉をそのまま引用させて頂きます。

Q1:英語力はどの程度必要なのか?

A1:「採用される部署によって仕事で使う英語量は異なります。例えばセールスやトレーディング部ではBloomberg等のツールを自分の体のように使うので、英語を読む必要があります。一方資本市場部の場合、顧客が日本企業の場合が多く外交先で英語を使い機会は多くはないと思います」

外資系であれば英語力は必ず必要になってきますが、英語が使われる頻度は部署によって異なるそうです。

しかし社内には当然外国人の同が多くいるので、社内で話すときのほとんどは英語だそうですよ。

しかし英語が苦手だからとモルガン・スタンレー証券に挑戦しないのはもったいないです。採用ページのQ&Aでは次のような記載があります。

「ビジネスエリアや仕事内容によっても異なりますが、ポジションが上がるにつれ英語での会議も増えます。仕事の理解を深めることでこうした場面に慣れていきますので、自信が無いからといって遠慮する必要はありません。ただし、いずれ英語力は必要になりますので、学生の間にできることは始めておきましょう」

最初は英語ができなくてもいいけど徐々に慣れていってね、ということでしょう。

必要な学歴

Q2:学歴はどの層が多いのか?

A2:「ボリューム層は旧帝大や早慶。他にちらほら」

やはり高学歴がほとんどだそうです。それでも今回もGSの時と同様ご自分の学歴に自身のない方に対して一縷の光を示すことができる資料を見つけました。ご査収ください。

出典:名古屋外国語大学

名古屋外国大学の就職データです。名古屋外国語大学はいわゆる名門大学ではないと思います。

しかし採用実績として確かに確認できたので、モルガン・スタンレーMUFG証券では学歴は絶対条件ではないと言えるでしょう。

三菱UFJモルガン・スタンレーからの挑戦

Q3:三菱UFJモルガン・スタンレー証券から、モルガン・スタンレーMUFG証券に行くことは可能なのか?

A3:「可能です。毎年若干名いらっしゃいます。」

内資系の三菱UFJモルガン・スタンレー証券から、外資系のモルガン・スタンレーMUFG証券に挑戦したい方は多そうですね。

人員調整等の観点から流動的な人員交換は厳しいようですが、制度としては挑戦できる環境はあるそうです。

モルガン・スタンレーMUFG証券への転職

モルガン・スタンレーMUFG証券への転職方法は次の通りです。

[box05 title=”MSMUFG証券の転職”]

  • モルガン・スタンレー証券の紹介(一番多い)
  • 金融業界に強い転職エージェントを用いる
  • キャリア採用HPに応募

[/box05]

モルガン・スタンレーMUFG証券に限らず、外資系投資銀行では即戦力が求められます。ゆえに同業他社から声がかかって転職する場合が多いようです。

現時点で人脈がない場合は、社会人向けOB訪問サービスである【CREEDO(クレード)】を活用してみましょう。

GSやUBSなどの外資系投資銀行に在籍している方、もしくは勤務経験のある方からキャリア相談を受けることができます。

【CREEDO】に無料登録する!

しかし、同業他社の人脈がない場合でも、金融業界に強い転職エージェントを活用する選択肢もあります。

外資系投資銀行を始めとする金融業界への転職に強い【KOTORA(コトラ)】であれば、外資系金融機関の求人が常に公開されているので、登録してみて求人を確認してみましょう。

【コトラ】で求人を見てみる!

社内に知り合いがいなくて、かつ転職エージェントも活用しない方はキャリア採用ページから応募するそうです。

モルガン・スタンレー証券の公式キャリア採用ページ

モルガン・スタンレーMUFG証券の年収

モルガン・スタンレーMUFG証券の年収を発信するにあたって、同社が公表している決算資料と、口コミサイトの情報をもとにお伝えします。

決算資料でみるモルガン・スタンレーMUFG証券の年収

モルガン・スタンレーMUFG証券の年収を、会社が公表している直近の決算資料(Financial Disclosures)から読み取っていきましょう。今回は次のように計算しました。

人件費÷従業員数

出典:モルガン・スタンレー証券

[box05 title=”決算資料でみるMSの年収”]

18,837,000,000÷60,431=311,710USD

[/box05]

人件費が18,837,000,000$であり、従業員は60,431人なので、年収は311,710USDになります。

これを決算時のドル円レート108.87で換算すると、33,935,963円、つまり約3,300万円がモルガン・スタンレー証券の平均年収になります。外銀であれば違和感ない数字ですね(ちょっと高いかな)

モルガン・スタンレーMUFG証券が粉飾決算でもしていない限り情報源としては絶対的な信頼がおけますが、次の点にご留意していただく必要があります。

  • 人件費には派遣社員や外部コンサルタントへの報酬も含まれます ➡︎ 正社員の報酬はより高水準の可能性があること
  • 役職によりかなり開きがあることを考慮していない ➡︎ 就活生や若手社員にとっては違和感のある値になっていること

口コミサイトでみるモルガン・スタンレーMUFG証券の年収

次に、会社情報の口コミに定評のあるOpen Workによると、モルガン・スタンレーMUFG証券の平均年収は2,438万円だそうです。

  • 回答者の多くが若手であり、平均値を押し下げる結果に
  • 偽物の回答者が存在する場合、当たり障りのない似せた回答をする可能性大

絶対的な情報源ではないものの、就活生や、30歳前後で転職を検討中の方にとってはこちらの方が身近な値でしょう。参考にして頂ければと思います。

モルガン・スタンレーMUFG証券のニュース

最後にモルガン・スタンレーMUFG証券に関するニュースをまとめておきます。

三菱UFJが富裕層事業に本腰

「三菱UFJモルガン・スタンレー証券で富裕層向け(ウェルスマネジメント)事業を統括する浜田直之副社長は、世界トップ級のプライベートバンクでもある合弁相手の米モルガン・スタンレーとの連携を深め、「世界に通用するスケールの大きな富裕層部門を作りたい」と意気込みを語った。」20/7/22-Bloomberg-

Eトレード買収へ

「ディスカウントブローカーのEトレード・ファイナンシャルを130億ドルで買収することで合意したと明らかにした。買収は株式交換方式で行われる。ウォール街の企業としては金融危機以降で最大の企業買収となり、モルガンはリテール市場の事業展開をさらに広げていく。」20/2/20-Bloomberg-

ゴーマンCEO2020年の報酬34億円超

「モルガン・スタンレーは22日、ゴーマンCEOの20年報酬が22%増え3300万ドルになったと届け出た。給料150万ドルと賞与(ボーナス)788万ドルが含まれるが、大半は株式などで支払われる長期報酬。一部は株式資本利益率(ROE)・株主還元目標と連動している。同行は昨年、3年連続で過去最高益を記録した。」21/1/23-Bloomberg-

[jin-w-sen color=”#eeeeee” size=”10px”]

他の外資系投資銀行について発信している記事もあるので、併せて読んでみてください!

トップティア 【アメリカ】ゴールドマン・サックス
【アメリカ】モルガン・スタンレー
【アメリカ】JPモルガン
【アメリカ】BofA
セカンドティア 【イギリス】バークレイズ
【ドイツ】ドイツ銀行
【フランス】BNPパリバ
【スイス】UBS
【スイス】クレディスイス

[jin-w-sen color=”#eeeeee” size=”10px”]

モルガン・スタンレーMUFG証券の業務内容や採用事情、年収についてお伝えしました。

モルガン・スタンレーMUFG証券で行っている業務は非常に多岐に渡り、部署によっては求められるスキルも当然異なります。

しかし、金融や財務に関する知識がベースとなることは容易に想像できますね。

そこで、バンカーを目指す方に「証券アナリスト資格」の取得をおすすめします。

  • 投資銀行部門で必要となる財務知識
  • マーケット部門で必要なる証券知識
  • リサーチ部門で必要となる経済知識

多くの部門・部署で必要となる知識を身に付けられる数少ない資格試験なので、是非取得を検討してみてください。

証券アナリスト資格に関する記事を数多く発信していますので、併せて読んでみてください(^^)

あわせて読みたい
【2021年版】証券アナリスト資格の試験概要・難易度・勉強時間を解説 皆さんこんにちは!牧野です。 今回は証券アナリスト資格試験の概要と難易度を発信していきます! 金融系資格の中でトップクラスの難易度を誇る証券アナリストですが、...
あわせて読みたい
【CMA】証券アナリスト証券分析の勉強法と参考書を証券マンが解説 皆さんこんにちは!牧野です。 今回は証券アナリスト資格試験の証券分析科目の勉強法とおすすめの教材について発信していきます! 証券分析の難易度は? 必要な勉強時間...
あわせて読みたい
【CMA】証券アナリスト財務分析の勉強法と参考書を証券マンが解説 みなさんこんにちは!牧野です。 今回は証券アナリスト財務分析科目の勉強法とおすすめの教材について発信していきます! 財務分析の難易度は? 必要な勉強時間は? 勉...
あわせて読みたい
【CMA】証券アナリスト経済の勉強法と参考書を証券マンが解説 皆さんこんにちは!牧野です。 今回は証券アナリスト経済科目の勉強法とおすすめの教材について発信していきます! 経済の難易度は? 必要な勉強時間は? 勉強法は? お...
応援励みになります
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる