【合格者談】CFP相続科目の難易度・勉強法・おすすめの参考書を解説!

皆さんこんにちは。牧野です。

今回はCFPの相続科目の難易度・勉強法・おすすめの参考書について発信していきます!

  • CFP相続科目の難易度は?
  • 勉強法や勉強時間は?
  • おすすめの参考書は?

このような疑問はこの記事で解決させて頂きます。

目次

CFP相続科目の合格ライン・合格率

CFP相続科目の具体的な勉強法を見る前に、まずは不動産科目の合格率や難易度を確認しておきましょう。

CFP相続科目の合格ラインと合格率は次の通りです。

合格ライン 合格率
20年第2回 33点 41.3%
19年第2回 29点 35.9%
19年第1回 32点 36.8%
18年第2回 29点 39.2%
18年第1回 33点 36.7%

※20年第1回はコロナウィルスにより中止

過去5回分の試験データを確認する限り、CFP相続科目の合格ラインは29〜33点合格率は35〜41%です。

試験回によりますが、相続科目は合格率がもっとも高い科目なので、比較的受かりやすい科目だと言えるでしょう。

CFP相続科目の難易度

CFP相続科目の難易度は、比較的易しい科目だと言えます。

意外にも計算問題が多いですが、金融科目や不動産科目とは異なり理解しやすい概念が多いです。

毎年同じような計算問題が出題されるので、解法を覚えることで対応できます。特別な計算能力は一切不要です。

ただ一点、相続・事業承継に関連する税制は頻繁に改正されるので、この点は知識をブラッシュアップする必要があるでしょう。

もちろんCFP自体が難しい資格ので相続科目も自ずと難しい試験にはなりますが、CFPの6科目の中では最も易しい科目だと私は思います。

CFP相続科目の勉強時間

CFP相続科目の勉強時間の目安は、相続の基本知識があるかないかで次のように異なります。

  • 相続知識がない方:60〜80時間
  • 相続知識がある方:35〜60時間

相続診断士や相続鑑定士などの資格保有者であれば、あとはCFP試験向けの計算問題に慣れるだけなので50時間前後で済むと思います。

AFP以降相続関連の勉強をしていない方でも、復習の時間として20時間上乗せする程度で大丈夫だと思います。

金融科目や不動産科目とは異なり、相続科目で扱う内容は理解しやすいからです。インプットにかかる時間は他の科目と比べて少なく済むでしょう。

CFP相続科目の勉強法

CFP相続科目の勉強法をお伝えします。

あくまで私が実践した勉強法なので万人におすすめとは言えません。あくまで参考程度にご活用ください。

相続税関連の計算に慣れる

CFP相続科目では非常に多くの計算問題が出題されますが、ほとんど相続税に関する計算です。

  • 相続税の課税価格はいくらか?
  • 特例措置の非課税額はいくらか?
  • 各種控除の適用額はいくらか?
  • 納めるべき相続税はいくらか?

このような問題がほとんどなので、相続税に関連する計算問題がスムーズに解けるかどうかが、この科目の合否を左右します。

過去問を繰り返し取り組むなどしっかり準備する必要があります。

法改正に注意する

CFPの他科目と比較して相続科目は法改正の影響を受ける科目です。つまり暗記した内容のブラッシュアップが必要となります。

古い知識を身につけないために、相続科目に関しては可能な限り最新のテキストを使用されることをおすすめします。

また、「政府広報オンライン」でも相続税の改正について分かりやすくまとめられていますので、積極的に活用されることを推奨します。

政府広報オンライン「暮らしに役立つ情報」

CFP相続科目対策におすすめの参考書

次に、CFP相続科目対策におすすめの参考書をご紹介します。内容としては次の記事で紹介しているものと基本的には変わりありません。

あわせて読みたい
【CFP】独学CFPの勉強法とオススメのテキストを元証券マンが解説
【CFP】独学CFPの勉強法とオススメのテキストを元証券マンが解説皆さんこんにちは。牧野です。今回はFP資格の最高位、CFPの勉強法とオススメのテキストについて発信していきます! CFP資格試験ってなんぞや? CFPの試験概要は? 具...

上記の記事ではCFP全体の勉強法やおすすめの参考書について発信していますが、この記事ではCFP相続科目に特化した参考書をお伝えしていきます。

『わかりやすい相続税・贈与税と相続対策』

AFPで相続科目を苦手としていた方、もしくはAFP合格から期間が空いた方には、CFP向けの参考書に取り組む前にリハビリ本を挟むことをおすすめします。

その際におすすめなのは『わかりやすい相続税・贈与税と相続対策』です。

相続に関する基本的な知識はもちろん、相続財産の評価や相続税の計算手順をいろんなケースに対応させながら解説しています。

また、本書では生前贈与・生命保険・土地の有効活用扱っており、試験頻出の特例計算に活かすことができます。

図解やイラスト、チャートが多いので直感的にも分かりやすいのでおすすめです。

『CFP資格標準テキスト 相続・事業承継設計』

メインテキストとしては、FP協会の公式テキストである『CFP資格標準テキスト』シリーズの不動産運用設計のテキストがおすすめです。

本書は、改定される前までは「読みにくい」「試験に関係のない内容まで扱っている」「頻出分野を扱っていない」など散々たる内容でした。

しかし、改定後は読みやすさと収録内容が見直され、一気に試験対策用のテキストとして評価を受けるようになりました。

読みやすさと網羅性から本書をテキストとして利用することをおすすめします。

  • 試験範囲を網羅している
  • 協会の教材である信頼性
  • 改定されかなり見やすくなった
  • 文面が教科書的でやや退屈
  • 図解やイラストがほぼない


CFP資格標準テキスト 相続・事業承継設計

※なぜかAmazonでは扱われていないので、ご購入の際は楽天市場をおすすめします。

『CFP受験対策精選過去問題集 相続・事業承継設計』

一通りのインプットを終えたら問題集に取り組みましょう。

問題集の解答解説に記載されている公式や解法がかなり重要なので、積極的に答えを見て解法をインプットしていきましょう。

本書はFP協会公式問題集より収録されている問題数が多く、解答解説も丁寧なのでおすすめです。

応援励みになります
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる