【合格者談】証券アナリストは意味ない?おすすめできる人・できない人を解説

皆さんこんにちは。

今回は証券アナリストの有用性について発信していきます!

  • 証券アナリストって取得する意味あるの?
  • 具体的にどんな仕事に役立つの?
  • 証券アナリストをおすすめできる人・できない人はどんな人?

このような疑問は、全てこの記事で解決させて頂きますぜ。

目次

証券アナリストは意味ない資格のか?

証券アナリストは意味ない資格だと主張する記事が散見されます。個人的には全面的に反対したいのですが、その理由を読んでみると一概に間違っていると言い切れません。

「証券アナリストは意味ない!」と主張する方々の根拠をみていきましょう。

求人が限られている

証券アナリストでは経済原則や財務分析、証券分析などを学習します。これら全てが直接的に活きる仕事は、やはり名前にもある通りアナリストです。

私は証券会社出身なので良くわかるのですが、アナリストの求人はかなり限られており、証券アナリスト資格のみでパスできるほど甘い世界ではありません。

そのため、「証券アナリストを取得しても名前の通りアナリストになれませんよ」と注意したいのでしょう。

国家資格ではない

証券アナリストは日本証券アナリスト協会が運営している資格試験です。国家資格ではなく、宅建や弁護士のように手に職を持てる資格でもありません。

「この資格があるから仕事がある」と安心できる資格ではないでしょう。

とは言え、金融業界においてはそれなりの知識を証明できる資格なので、あくまで非金融業界では活用しにくい、という認識ですね。

コストが高い

証券アナリスト試験を受験するには、日本証券アナリスト協会が運営している講座を受講する必要があります。

その受講料が結構高いので、受験コストが高いと主張しているのでしょう。

受講料 受験料
一次試験 56,500円 12,600円
二次試験 53,500円 8,400円

受講料が高いことは事実ですが、取得後のキャリアの展望や知識と比較すれば全然妥当だと私は思いますけどね。

あわせて読みたい
【合格者談】証券アナリストのメリット・デメリットを元証券マンが解説 皆さんこんにちは!今回は証券アナリスト資格のメリット・デメリットについて発信していきます。証券アナリストってなんやねん!って方は下記の記事をご参考ください。h...

証券アナリストは役立つ資格!

これまで証券アナリスト不要論をみてきましたが、そろそろ反撃しましょう(笑)

証券アナリストは次の点から役立つ資格だと断言できます。

[box04 title=”証券アナリストが役立つ理由”]

  • 金融・財務の実践的な知識が身に付く
  • 転職で使える
  • 副業に利用できる
  • 資産運用に活用できる

[/box04]

なお、証券アナリストのメリットについて下記の記事で詳しく解説しているので、併せて読んでみてください!

あわせて読みたい
【合格者談】証券アナリストのメリット・デメリットを元証券マンが解説 皆さんこんにちは!今回は証券アナリスト資格のメリット・デメリットについて発信していきます。証券アナリストってなんやねん!って方は下記の記事をご参考ください。h...

証券アナリストをおすすめできる人

次に、証券アナリストをおすすめできる人についてお伝えしていきます。

金融機関に勤めている方

証券アナリストで学習する内容は、金融業界人であれば役立つものばかりです。

  • 経済科目→マクロ経済の知識や為替理論
  • 財務分析→企業財務や投資指標
  • 証券分析→投資のリスク・リターンについて

このように、金融業界に関わりのある限りは必要となる知識がてんこ盛りです。

金融でご飯を食べていくのであれば、必携の資格だと私は考えています。

投資・資産運用を行っている方

証券アナリストで学習する知識は、投資や資産運用でも当然役立ちます。

財務分析では、決算資料を読み解くための知識が身につきます。個別株の投資をするに非常に有用です。

また、証券分析ではポートフォリオ理論を学習しますが、これは資産配分を判断する際にとても重要です。

投資や資産運用を行っている方にもおすすめの資格なのです。

BtoBビジネスを行っている方

証券アナリストの財務分析科目で学習する内容は、BtoBビジネスを行っている方にも有用です。

  • 取引先企業の資金状況は?
  • 吸収・合併でどのような影響があるのか?

このような疑問がクリアになる知識を習得できますので、法人ビジネスを行っている方にもおすすめですね。

証券アナリストをおすすめできない人

次に、証券アナリストをおすすめできない人についてみていきましょう。

金融業界とは無縁の方

証券アナリストは金融業界であれば大きな効果を発揮しますが、非金融業界であればキャリア面において取得するメリットは皆無でしょう。

保険や不動産、富裕層ビジネス等であればまだ活かせる部分はありますが、飲食店や小売店勤務の方にはあまり役に立たないかもしれませんね。

資格勉強にお金と時間をかけたくない方

先述したように、証券アナリストを取得するためにはお金がかかります。

加えて、制度上2次試験突端までに2年間の講座受講期間と勤務経験が必要です。

資格勉強にお金と時間をかけたくない方は、よりコスパの良い資格を勉強する方が良いでしょう。

[jin-w-sen color=”#eeeeee” size=”10px”]

証券アナリストのマイナス面に焦点をあてた内容でしたね。

実際に取得して実務でバンバン活用していた身としては受け入れ難い内容でしたが、事実は率直な意見は伝えた方が良いでしょう。

他にも多くの記事で証券アナリストについて触れているので、是非併せて読んでみてください!

あわせて読みたい
【2021年版】証券アナリスト資格の試験概要・難易度・勉強時間を解説 皆さんこんにちは!牧野です。今回は証券アナリスト資格試験の概要と難易度を発信していきます!金融系資格の中でトップクラスの難易度を誇る証券アナリストですが、一...
あわせて読みたい
【CMA】証券アナリスト証券分析の勉強法と参考書を証券マンが解説 皆さんこんにちは!牧野です。今回は証券アナリスト資格試験の証券分析科目の勉強法とおすすめの教材について発信していきます!証券分析の難易度は?必要な勉強時間は...
応援励みになります
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる