【合格者解説】ビジネス実務法務検定を取得するメリット4つとデメリットを解説

皆さんこんにちは!

今回はビジネス実務法務検定のメリット・デメリットを発信していきます!

[box02 title=”こんな方におすすめ”]

  • ビジネス実務法務検定の取得を考えている方
  • ビジネスを学べる資格を勉強したい方
  • 資格を武器に就活や転職をしたい方

[/box02]

目次

ビジネス実務法務検定のメリット

証券アナリストのメリット

秘書検定を取得するメリットは様々ありますが、代表的なメリットとしては次の4つが挙げられます。

仕事で必要な法律知識が身に付く

ビジネス実務法務検定では、民法・商法・会社法など仕事と関わりの深い法律知識を学習します。

そのため、取引先との契約業務や、契約書類・参考資料作成での不法表示などを防ぐことができます。

営業員に適切な法務知識があれば、管理職や法務部のリーガルチェックを挟むことなくスムーズな取引ができるので、仕事がスムーズになり内部の評価にも繋がるでしょう。

就職や転職の際に有利になる

ビジネス実務法務検定を取得していると就職や転職で有利になる場合があります。幅広い業務で必要な法律知識を備えているため、コンプライアンス意識が高いと評価されるからです。

実際に”ビジネス実務法務検定 求人”と検索すると非常に多くの求人が表示されます。

ビジネス実務法務検定の取得が必須条件・歓迎要件とする求人が多いので、キャリア形成においても有用な資格であることが分かります。

法律系資格の土台になる

ビジネス実務法務検定では幅広い法律知識を身に付けることができるので、弁護士、行政書士、社会保険労務士などの法律系資格との親和性がとても高いです。

法律系資格の多くは難解な用語や概念が多く、法律知識がない初学者の多くは挫折してしまいます。

ビジネス実務法務検定はこれ難関法律資格の土台となるので、上記資格の取得を目指す方にも有用です。

企業リスクの回避に繋がる

社員が情報漏洩などの不法行為を行うと、企業の信頼を大きく損なうことになります。

ビジネス実務法務検定を学習すると、ビジネスマンに必要な法律知識が身につくので、企業としても社員のミスによるリスク回避ができるのです。

ビジネス実務法務検定のデメリット

証券アナリストのデメリット

次に、ビジネス実務法務検定のデメリットをお伝えします。

専門的な知識は身につかない

ビジネス実務法務検定は幅広い法律知識が学べる反面、一つの分野に特化した知識を身に付けることができません。ビジネス全般の法律知識を養うことを目的としているからです。

そのため、法律の専門家である弁護士、不動産取引の専門家である宅建士などの専門資格と比較すると、専門知識が身につかないことがデメリットと言えるでしょう。

1級まで取得するのは割りに合わない

ビジネス実務法務検定の試験内容の記事でもお伝えしているように、1級試験は記述式で出題され、一気に難易度が上がります。合格率も20%未満です。

難関な資格を取得しても、先述したように専門的な資格ではないため、特定の業界に強くアピールできる資格ではありません。

コスパという意味では2級までの取得で十分だという見方もできるでしょう。

[jin-w-sen color=”#eeeeee” size=”10px”]

ビジネス実務法務検定のメリット・デメリットをお伝えしました。

ビジネス実務法務検定の難易度や試験内容について発信している記事もあるので、併せて読んでみてください。

あわせて読みたい
【2021年版】ビジネス実務法務検定の試験概要!日程・合格率・難易度とは 皆さんこんにちは! 今回はビジネス実務法務検定の試験概要(日程・合格率・難易度)についてお伝えしていきます! [box02 title="こんな方におすすめ"] ビジネス実務法...
あわせて読みたい
【独学の勉強方法】ビジネス実務法務検定3級のおすすめのテキストと問題集 皆さんこんにちは! 今回はビジネス実務法務検定3級の独学の勉強方法について発信していきます! 具体的には、3級対策におすすめのテキスト・問題集をお伝えしていきま...
あわせて読みたい
【合格者解説】ビジネス実務法務検定の内容とは?各級の試験範囲を解説 皆さんこんにちは! 今回はビジネス実務法務検定の学習内容や試験範囲について発信していきます! [box02 title="こんな方におすすめ"] ビジネス実務法務検定の取得を考...
応援励みになります
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる