【資格学校】TACの証券アナリスト講座の評判・メリット・デメリットを解説

TACの証券アナリスト講座のメリット・デメリット・評判

皆さんこんにちは!

今回は大手資格スクールのTACが提供する証券アナリスト講座の評判・メリット・デメリットについて発信していきます。

こんな方におすすめ

  • 証券アナリストを目指す方
  • 証券アナリストを一発合格したい方
  • TACの証券アナリストの講座について知りたい方
  • 金融業界を目指している方

目次

TACの証券アナリスト講座の内容

TACの証券アナリスト講座の内容は次の通りです。

講座内容

  • 入門テキスト
  • 基本テキスト
  • 問題集
  • 実力確認テスト
  • 総まとめテキスト
  • 応用例題実践集
  • 全国公開模試

それぞれどんな内容なのか詳しくみてきましょう!

メイン講座である「総合本科生」を扱っていますので、コースによっては異なる場合があります。

基本テキスト

基本テキストは講座のなかで最も使用するテキストです。基本テキストに網羅されている内容は、全て本試験に直結します。

全体像の把握、個別論点の理解に抜群の一冊です。さすがTACですね。

問題集

基本テキストの内容をアウトプットする教材が問題集です。

問題集を解いて確認することによって、自身の学習理解度を確認することができます。弱点把握に必要なステップです。

実力確認テスト

実力確認テストでは各科目の基本かつ重要な論点をピックアップして出題されます。

最後の仕上げや弱点発見につながります。

総まとめテキスト

総まとめテキストは、出題可能性の高い論点を中心に、知識のまとめと各論点の演習が出来るテキストです。

市販でも販売されている定番のテキストですね。

応用例題実践集

応用例題実践集は、総まとめテキストとの併用学習で着実に応用理論を身につけていくアウトプット教材です。

全国公開模試

公開模試では、今まで培ってきた学習の成果を試すことができます。他の人よりも過去問レベルの問題が一回分多く取り組めるので、合格にグッと近づきます。

TACの証券アナリスト講座の費用

TACの証券アナリスト講座にかかる費用は次の通りです。テキスト等の価格も含まれているので、下記の金額以上の費用は発生しません。

1次試験 2次試験
Web通信講座(3科目) 190,000円 220,000円
Web通信講座(証券分析) 85,000円 115,000円
Web通信講座(財務分析) 78,000円 88,000円
Web通信講座(経済) 78,000円 77,000円

1次・2次の両方を受講すると40万円以上になります。教材と講師の質はピカイチですが、結構高いですね…

個人的には合格後のメリットを考慮すると、まあギリギリ払えるぐらいだと感じますね。時間を買うと思えばいいのですから。

TACの証券アナリスト講座のメリット

次に、TACの証券アナリスト講座のメリットを見ていきましょう。

教材が充実している

TACの証券アナリスト講座のメリットは、教材が充実している点です。

証券アナリストの通信講座があまり多くないなかで、安心できる教材を提供しているので希少だと言えるでしょう。

スマホ学習に完全対応している

TACのWeb講座はスマホ学習に完全対応しています。

Web講座なのでスマホでの学習はもちろんのこと、タブレットやパソコンで学習できるので、場所や時間を選ばず勉強できます。

戦略的なカリキュラム

TACのカリキュラムは、受講生が無理なく短期間で合格することを第一に考えて構成されています。

知識を吸収するインプットと、得た知識をアウトプットするトレーニングを効果的に組み合わせています。

充実のフォロー体制

証券アナリストは難しい用語が頻繁に出てくる難しい資格であり、初学者であれば度々疑問が生じると思います。

そこでTACの通信講座では、「質問メール」と「自習室」のフォローサービスを提供しています。

質問メールでは、TACの講師に疑問点や不明点を尋ねることができます。これはありがたいですね。

そして自習室では、TACの校舎を自由に利用することができます。集中できる環境が欲しい方に最適です。

TACの証券アナリスト講座のデメリット

次に、TACの証券アナリスト講座のデメリットについて見ていきましょう。

受講料が高い

TACの証券アナリスト講座のデメリットには、受講料の高さが挙げられます。

1次試験+2次試験の対策講座を受講すると40万円以上の負担になるので、学生や若手社会人にはかなり厳しい金額と言えます。

とは言え分割払いに対応しているので、スタートするハードル自体は高くはないと思います。

コロナで教室講座が難しい

TACなどの資格スクールの講座を受講することのメリットとして、校舎を利用できることが挙げられます。

しかし現在は新型コロナウィルスの影響で一部の校舎が閉鎖されていたり、利用が制限されていたりと何かと不便になっています。

校舎でガッツリ勉強したい方には少し残念ですね(泣)

TACの証券アナリスト講座の評判・口コミ

実際にTACの証券アナリスト講座を利用した方々の評判をまとめております。リアルな意見なので是非参考にしてみてください。

大学生Sさん

教材の質の高さでTACを選択しました。

私は金融業界に内定が決まっていたので、少しでも良いスタートが切れるように証券アナリストを目指しました。

一発合格したかったので、良い教材で学習したかったのです。

外資系金融2年目のKさん

知名度と実績からTACを選びました。

証券アナリストの参考書を買いに書店に行くと、ほぼTACの教材で埋め尽くされています。証券アナリスト=TACだと、そこで確信しましたね(笑)

教材の質と講義の分かりやすさを考慮すれば、受講料は妥当ではないでしょうか。

TACの証券アナリスト講座のよくある質問

最後に、TACの証券アナリスト講座に関するよくある質問をまとめておきます。

受講料の分割払いはありますか?

TAC教育ローンを利用することができます。3〜36払いから選択可能です。

TACの教育ローン

未成年の方のお申込について

未成年者でも受講することができます。

未成年が受講料5万円以上の講座を申し込む場合には、別途親権者の自署による「未成年者契約同意書」の提出が必要です。

証券アナリストは数学が苦手でも合格できますか?

証券アナリストは数学が苦手でも合格できる資格です。

しかし、複雑な計算問題も多少扱うので、やはり計算は得意である方がベターであることは間違いありません。

しかしTACであれば数学の補助教材やフォロー体制がしっかりしているので、私のような数弱でも一発合格は十分可能です。

試験内容や難易度については次の記事をご参考ください。

あわせて読みたい
【2021年版】証券アナリスト資格の試験概要・難易度・勉強時間を解説
【2021年版】証券アナリスト資格の試験概要・難易度・勉強時間を解説皆さんこんにちは!牧野です。今回は証券アナリスト資格試験の概要と難易度を発信していきます!金融系資格の中でトップクラスの難易度を誇る証券アナリストですが、一...

TACの証券アナリスト講座のメリット・デメリット・評判をお伝えしました。

証券アナリスト講座を提供している数少ない資格スクールであり、その質も申し分ないので、本格的に証券アナリストを目指される方にはおすすめです!

TACの証券アナリスト講座を調べる

応援励みになります
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる