【合格者談】FP資格のメリット・デメリット!3級から1級まで解説!

日本人が最も受験する資格の一つであるファイナンシャル・プランナー(以下FP)。受験する目的は様々ですが、実際に生活やキャリアではどのように役立つのでしょうか?

今回はFP資格のメリット・デメリットについて発信していきます!

[box02 title=”こんな方におすすめ”]

  • FPを勉強しようか迷っている方
  • どの資格を勉強すればいいか迷っている方
  • 金融・保険・不動産業界に転職希望の方
  • 金融・保険・不動産業界志望の学生

[/box02]

3級・2級・1級のそれぞれについて解説していきますので、自分が目指している級をチェックしていきましょう。

目次

FP資格とは

FP資格とは、日本FP協会が運営する資格です。顧客のライフプラン上の目標を達成するために、総合的な視点でアドバイス・資産設計を行うための知識を身に付けることができます。

今回はFP資格の各級のメリット・デメリットについて焦点を当てているので、FP資格の詳しい説明は割愛させていただきます。

FP3級のメリット・デメリット

FP3級のメリット・デメリットについてお伝えしていきます。

FP3級のメリット

FP3級の主なメリットは次の通りです。

  • お金に関する基本的な知識が身に付く
  • 副業に活かすことができる
  • 受験のハードルが低い

FP3級ではライフプランの具体的な設定方法や金融・不動産の基本的な知識が身につきます。3級ではかなり基本的な内容しか扱いませんが、お金について学習を深めるきっかけにはなります。

FP3級を取得すると副業に活かすことができます。クラウドワークスではFP資格保有者のみが応募できるライティング業務が度々発注されるので、FP3級を保有しているとこのような高単価案件も受注できます。

FP3級は受験料と合格率からみても挑戦するハードルが低い資格試験です。お金に関する知識が身に付く資格試験に気軽に挑戦できるのもメリットと言えますね。

FP3級のデメリット

FP3級の主なデメリットは次の通りです。

  • 深い知識は身につかない
  • 就活や転職では武器にできない

FP3級はお金に関する幅広い分野を学習することができますが、どれも浅い知識しか身につきません。深い知識を身につけたい方には不向きと言えます。

加えて、FP3級はあまり難しい資格試験ではないので、就活・転職において差別化を図ることができません。FP3級を武器にキャリア形成を行うことは難しいでしょう。

FP2級のメリット・デメリット

FP2級のメリット・デメリットについてお伝えしていきます。

FP2級のメリット

FP2級の主なメリットは次の通りです。

  • お金に関する深い知識が身に付く
  • 就活・転職に使える
  • AFPに繋がる

FP2級になると各学習分野の深い知識まで勉強します。不動産のローンの組み方、金融商品の税金関係、保険商品による節税プランなど、私生活に応用できる知識を身に付けることができます。

深い知識が身につくので、就活や転職において有利になります。実際にFP2級を必須とする求人も少なくないので、転職活動の幅を広げることができます。

そしてFP2級を取得し、提案書を提出するとAFPに申請することができます。AFPはFP協会の公認のプロのFPという扱いになるので、仕事に繋げることも可能です。

FP2級のデメリット

FP2級の主なデメリットは次の通りです。

  • 必要な勉強時間が一気に増える
  • 大手企業での就活・転職ではやや弱い

FP2級では学習する内容が一気に難しくなります。そのため必要な勉強時間が増えるので、日々忙しい人には学習を続けることが難しいかもしれません。

そしてFP2級は確かに就活や転職に役立ちますが、優秀な人材が集まる大手企業では絶対的な武器にはなりません。あくまで引き出しの一つとして利用できる認識でいましょう。

FP1級のメリット・デメリット

FP2級のメリット・デメリットについてお伝えしていきます。

FP1級のメリット

FP1級の主なメリットは次の通りです。

  • 深く体系的なお金の知識が身に付く
  • 独立できる

FP1級にもなるとかなり深いかつ体系的なお金の知識を身に付けることができます。私生活に応用でき、実際に自分の資産運用の効果を結びつけることができます。

そしてFP1級まで取得すると、十分FPとして独立を目指すことができます。もちろんん独立する上では集客力など知識以外の要素も必要になりますが、あくまで知識とネームバリューにおいては、FP1級は十分知識と信用を担保する資格として活用することができます。

FP1級のデメリット

FP1級の主なデメリットは次の通りです。

  • 多くの勉強時間が必要
  • 趣味の範囲を超えている

FP1級では相当な学習時間を必要とします。「ちょっとお金の勉強しよっと」というスタンスでは太刀打ちできないので、腰を据えて勉強する資格だと認識する必要があります。

そしてFP1級は趣味のレベルを超えた難しさなので、仕事につなげれなければ取得のメリットは薄いと思います。お金の勉強なのでしすぎることでデメリットはないでしょうが、費用対効果を考えると趣味で勉強するレベルではないと言えます。

[jin-w-sen color=”#eeeeee” size=”10px”]

これまでFP資格試験の各級を勉強することのメリット・デメリットについてみていきました。

具体的な勉強方法を解説している記事もあるので、併せて読んでみてください!

あわせて読みたい
【FP】独学FP3級のオススメの勉強法とテキストを証券マンが解説 皆さんこんにちは!ピーマンです。 今回はFP資格3級試験の勉強法とテキストについて発信していきます! 新卒で証券会社に入社し、FP資格試験を受験させられました。独...
あわせて読みたい
【FP】独学FP2級のオススメの勉強法とテキストを証券マンが解説 皆さんこんにちは!ピーマンです。 今回はFP資格試験2級の勉強法とテキストについて発信していきます。 3級編でもお伝えしましたが、私は証券会社に新卒で入社し強制...
応援励みになります
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる