【合格者談】CFP資格のメリット・デメリットとは?

CFPのメリットとデメリット

皆さんこんにちは!

今回はCFP資格のメリット・デメリットについて発信していきます!

3年かけてやっとCFPの全科目に合格することができたので、これまでの学習や金融営業実務を通して感じたメリット・デメリットをお伝えしていきます。

  • CFPってなんぞや?
  • CFPを勉強するメリットは?
  • CFPを勉強するデメリットは?
  • 合格するとどんな恩恵があるか?

このような疑問を解決していきますぜ!

目次

CFPとは

CFPとは、日本FP協会とCFPボードが運営する資格試験であり、FP資格の最高位として認識されています。

FP資格の中で最も難易度及び権威性が高いため、金融営業や不動産営業の現場では重宝される資格になります。

なお、この記事ではCFPのメリット・デメリットに焦点を当てるため、CFPについての詳しい説明は割愛させていただきます。

CFPの試験概要については下記の記事をご参照ください!

あわせて読みたい
【受験者解説】CFP試験とは?学習内容・試験日・難易度・合格率・受験までの流れ
【受験者解説】CFP試験とは?学習内容・試験日・難易度・合格率・受験までの流れFP資格試験の最高位とされているCFP。その難易度と資格保有者の少なさから、試験について知らない方も多いと思います。今回は、CFP試験について詳しく説明していきます...

CFPのメリット

本題のCFPのメリットについてお伝えしていきます。、私がCFP試験に合格した上で個人的に感じたメリットをお伝えしていきます。

包括的な知識が身に付く

CFPでは学習する科目が6科目であり、科目横断的な知識が要求されます。つまり、たとえ金融知識がずば抜けていても、金融商品に関連する税金の知識がなければ合格できないようになっているのです。

体系的な勉強をしていくので、実務に活かせる知識が身につきます

ビジネス機会を察知できる

CFPはお金に関する幅広い分野を深く学習します。そのため、自分の専門外の話に対しても敏感に反応できるようになるのです。

私は証券マンだったのですが、金融商品の提案以外にも保険商品や不動産の提案が認められていました。

  • 「金融商品のリスクヘッジがしたいけど、いい投資先が見つからない」
  • 「不動産以外の節税対策が知りたい」
  • 「利回りのいい商品を金融商品以外で知りたい」

CFPを勉強する前は聞き流していた顧客の悩みが、勉強後ではニーズの察知、解決案の提案までできるようになったのです。

仕事の幅が広がったことは言うまでもありません。

人脈が広がる

CFPに合格すると、講師の依頼や勉強会への参加願いの連絡を頂くことがあります。CFPを目指す方は勉強意欲が高く、中には経営者の方もいらっしゃいます。

CFPは学習科目上、税理士や宅建士、銀行マンが取得している場合が多く、彼らは経営者との繋がりがあります。

仕事に繋がるケースも少なくないので、CFPで繋がる人脈はかなり有用です。

名刺に載せることができる。

CFP認定者になると、ロゴをはじめとするCFPの商標を名刺に記載することができます。名刺交換の際に話題にできるので、初回面談から印象を与えることができます。

ちなみに、CFP認定者が利用できる商標は次のいずれかです。

  • 上記のロゴ
  • CFP®
  • CERTIFIED FINANCIAL PLANNER®
  • サーティファイド ファイナンシャル プランナー®

私は姑息なので、セミナーの講師を務めたことを話し「なんで若いあなたが講師に呼ばれるの?」と聞いてもらえるように誘導し「CFPがきっかけです」とお伝えします。

面談時はCFPについて詳しく説明する必要はありません。次回の面談で必ずと言っていいほど印象が良くなっています。CFPについて調べて頂いたからでしょうね(今考えると相当悪いですね笑)

科目別受験が認められている

CFPは科目別受験が認められているので、計画的に勉強すれば決して難しい試験ではありません。

勉強さえすれば誰でも合格できる資格試験で、上記のようなメリットが享受できるものは他にありません。これもCFPのメリットだといえます。

CFPのデメリット

次に、CFPのデメリットについてもお伝えします。個人的に資格勉強にデメリットはないと考えていますが、強いて挙げるなら次の2つがデメリットと言えるでしょう。

年会費がかかる

CFP認定者になるためには、FP協会への入会費が必要になります。

入会費は10,000円です。

また、CFP認定者で居続けるためには、FP協会に年会費を納める必要があります。

年会費は12,000円です。

毎年固定費として12,000円が発生するのはデメリットと言えるでしょう(それ以上に仕事の機会が増えると思いますけどね)

単位認定が必要

CFP資格を更新するためには、2年間で30単位以上を取得しないといけません。

継続的な学習により知識がブラッシュアップされることがCFPのメリットである反面、試験合格後も勉強し続けることが面倒だと感じる人は少なくないでしょう。

CFPのメリットとデメリットについてみていきました。

現在私は証券会社を退職しているため、実際にCFPとして活動した期間は短かったです。しかし、仕事に繋がる資格だということは経験的に断言できますね。

仕事にも繋がるので、金融業界の営業職、不動産営業や富裕層ビジネスに携わっている方は、CFPに挑戦してみてはいかがでしょうか。

CFPの勉強法について詳しく解説している記事もあるので、是非併せて読んでみてください!

あわせて読みたい
【CFP】独学CFPの勉強法とオススメのテキストを元証券マンが解説
【CFP】独学CFPの勉強法とオススメのテキストを元証券マンが解説皆さんこんにちは。牧野です。今回はFP資格の最高位、CFPの勉強法とオススメのテキストについて発信していきます! CFP資格試験ってなんぞや? CFPの試験概要は? 具...

資産運用・投資初心者向けに【Stock Free】という姉妹サイトを運営しています。資産運用や投資を勉強されたい方は是非読んでみてください(^^)

【Stock Free】の発信内容

  • 株式投資(FX、債券、金、原油)の変動要因は?
  • 経済指標をはじめとする経済指標の意味は?
  • 初心者におすすめの証券会社は?

[blogcard url=”https://t.co/nv9L3jtKK4?amp=1″]

証券会社を目指す方向けに【Career Free】という姉妹サイトも運営しています。証券会社への就職、転職を検討している方は是非読んでみてください(^^)

【Career Free】の発信内容

  • 証券会社の実態は(ノルマ、パワハラなど)?
  • 証券マンの恋愛事情は?
  • 証券会社の決算状況

[blogcard url=”https://t.co/boIGA2eq2z?amp=1″]

 

応援励みになります
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる