【FP】独学FP3級のオススメの勉強法とテキストを証券マンが解説

皆さんこんにちは!ピーマンです。

今回はFP資格3級試験の勉強法とテキストについて発信していきます!

新卒で証券会社に入社し、FP資格試験を受験させられました。独学で学習して一発合格できたので、今回はそのノウハウをお伝えできればと思います。

なお、今回はFP資格試験で最も易しい3級向けの内容になっております。3級を目指す方にはFP資格試験に関して詳しくない方もいると思うので、最低限押さえるべきポイントも併せて発信していきますね!

[box02 title=”こんな方にオススメ”]

  • 金融機関を目指す学生さん
  • お金の勉強が好きな方
  • 資格勉強を検討中の方
  • 支出や浪費を抑えたい方

[/box02]

目次

FP3級の試験のポイント

FP3級試験概要

独学でFP3級を突破するに当たって、まずは試験概要を押さえる必要があります。

試験日 【2020年】5/24、9/13
【2021年】1/24
試験時間 【学科試験】10:00〜12:00
【実技試験】13:30〜14:30
合格基準 【学科試験】36点以上(60点満点)
【筆記試験】60点以上(100点満点)
出題形式 筆記(マークシート形式)

試験突破に焦点を置くなら最も注目すべきポイントは”マークシート形式””6割合格”という点です。

マークシート形式なので消去法が通用しますし、6割合格なので満点を狙う勉強法が必要なくなります。勉強法に関しては後述します。

FP3級試験範囲

FP3級試験の出題範囲は次の通りです。

[box04 title=”ライフプランニング”]

  1. ファイナンシャル・プランニングと倫理
  2. ファイナンシャル・プランニングと関連法規
  3. ライフプランニングの考え方・手法
  4. 社会保険
  5. 公的年金
  6. 企業年金・個人年金等
  7. 年金と税金
  8. ライフプラン策定上の資金計画
  9. ローンとカード
  10. ライフプランニングと資金計画の最新の動向

[/box04]

[box04 title=”リスク管理”]

  1. リスクマネジメント
  2. 保険制度全般
  3. 生命保険
  4. 損害保険
  5. 第三分野の保険
  6. リスク管理と保険
  7. リスク管理の最新の動向

[/box04]

[box04 title=”金融資産運用”]

  1. マーケット環境の理解
  2. 預貯金・金融類似商品等
  3. 投資信託
  4. 債券投資
  5. 株式投資
  6. 外貨建商品
  7. 保険商品
  8. 金融派生商品
  9. ポートフォリオ運用
  10. 金融商品と税金
  11. セーフティネット
  12. 関連法規
  13. 金融資産運用の最新の動向

[/box04]

[box04 title=”タックスプランニング”]

  1. わが国の税制
  2. 所得税の仕組み
  3. 各種所得の内容
  4. 損益通算
  5. 所得控除
  6. 税額控除
  7. 所得税の申告と納付
  8. 個人住民税
  9. 個人事業税
  10. タックスプランニングの最新の動向

[/box04]

[box04 title=”不動産”]

  1. 不動産の見方
  2. 不動産の取引
  3. 不動産に関する法令上の規制
  4. 不動産の取得・保有に係る税金
  5. 不動産の譲渡に係る税金
  6. 不動産の賃貸
  7. 不動産の有効活用
  8. 不動産の証券化
  9. 不動産の最新の動向

[/box04]

[box04 title=”相続・事業承継”]

  1. 贈与と法律
  2. 贈与と税金
  3. 相続と法律
  4. 相続と税金
  5. 相続財産の評価(不動産以外)
  6. 相続財産の評価(不動産)
  7. 不動産の相続対策
  8. 相続と保険の活用
  9. 相続・事業承継の最新の動向

[/box04]

どの分野も私たちの生活に密接した内容ですので、すでに知識がある方もいらっしゃるかもしれませんね。

FP3級の勉強法

FP3級のポイント

証券会社に入社すると自動的にFP2級に申し込まれます(大手の証券会社だと概ねそうだと思います)

落ちたら晒されるので、死んでも落ちるわけにいかないプレッシャーと戦っていました。効率性を重視した勉強が必要だったのです。今回は再現性のある形に変えて発信させて頂きます!

また、今回お伝えする方法以外にも、実際に合格した人のノウハウも参考になります。是非併せて読んでみてください。

[blogcard url=”https://www.sikaku-no-iroha.co.jp/sikaku/fp3/studymethod-fp3″]

 

FP3級試験のインプット

FP3級試験のポイントでもお伝えした通り、この試験では完璧な回答をする必要はありません。6割の正答率でいいんです。

それでも馬鹿正直に6割正解向けの勉強したら間違いなく落ちるので、目標としては9割取得、最低でも7割取得ができる勉強をしていきましょう。

そのためには次の勉強法(学習手順)を強くオススメします!

[box05 title=”FP3級の学習手順”]

  1. テキストを簡単に1周する
  2. テキストを1周熟読する
  3. 問題集を1周する
  4. 過去問に取り組む

[/box05]

まず最初にテキストを1周します。「こんなことを学習するんだ〜」って感じで学習内容に簡単に触れる程度で構いません。

ただその際に、軽く読んで理解できなかった項目の目次にチェックを入れるようにしましょう。2周目の時に重点的に読むポイントが分かります。

そして次に2周目は”理解する”ことを意識してテキストを読んでいきましょう。1周目にチェックした未理解部分を理解できることを目指します。

2周目でしっかり読んでも理解できなければそれは苦手項目として認定します。問題に取り組む際に便利なので、苦手項目にもチェックをしておきましょう。

FP3級試験のアウトプット

テキストを2周したところで、いよいよアウトプットに移ります。

FPの学習の中で最も重要なのが問題集に取り掛かる時間だと考えています。苦手項目でも問題が解ければいいのですから、問題集を一通り解いて初めて本当の”苦手項目”に気付けるのです。

私達日本人にありがちなのは、インプットの段階で完璧な理解を追求するところです。

しかし目標が”テキストの完璧な理解”ではなく”試験で6割以上得点できる知識”である以上、インプットの段階で全て理解しようとするのはナンセンスで時間の無駄だと言わざるを得ません。

問題集を一通り解き苦手項目を発見し、苦手項目の解説をしっかり読んでも依然として理解できなかったところは放置しても大丈夫です。

もちろんほとんどの内容が理解できてないのなら大惨事ですが、テキスト2周して問題の解説を読んでも理解できなかったのなら、それ以上の学習時間を割くべきではない”不可解項目”として認定しましょう。

不可解項目を放置すべき理由は2点あります。

[box05 title=”不可解項目を放置すべき理由”]

  1. 選択式の問題のため、未理解でも意外に解けたりする
  2. 不可解項目が全体の1割程度なら、上昇余地は1割しかないため

[/box05]

選択式で出題されるため、出題項目をきちんと理解していなくても棚ぼた的に正解になる場合が多々あります。なぜなら4択の内2択は明らかな不正解だからです。

明らかな不正解を弾ける最低限の知識さえあればあとは勘で解いても50%で正解するのですから、この50%をさらに高める勉強は非効率と言えます。それであれば多くの問題を50%の正答率まで伸ばす(=最低限の知識を身に着ける)ことの方が失点するリスクは少なくなります。

加えて不可解項目に時間を割いても成長余地は限定的です。それであれば、理解できた項目を失点しないように、理解度をさらに深めるための過去問演習をした方が遥かに有効です。

まとめると次のようにアウトプットを行うべきと言えます。

[box05 title=”FP3級のアウトプット方法”]

  1. 問題集を解いて不可解項目の発見する
  2. 不可解項目が全体の2割程度なら放置し、理解部分を復習
  3. 過去問を解いて8割以上得点できれば準備完了
  4. 8割未満なら問題集を解いて解説で復習

[/box05]

問題集といて不可解項目の割合を認知し、2割程度なら実践(過去問)に突入し、正答率8割以上を目指すという勉強法で大丈夫です!

FP3級オススメのテキスト

それではこれから実際に私が用いた上でオススメできるテキストと問題集をお伝えします。FP3級試験レベルであれば正直市販のどのテキストでも十分合格点を狙えるでしょう。

私は金融や保険など無形の概念は図がないと理解できないタイプなので、図やグラフが豊富で分かりやすいことだけを意識して選びました。

『みんなが欲しかった! FPの教科書3級』

書店に数多あるFP資格試験向けの参考書の中で売り上げがNo1の定番テキストです。私が実際に使用してみたこのテキストのメリット・デメリットは以下のようになります。

  • イラストや解説が丁寧で視覚的に概念を理解しやすい
  • 多彩な色使いで要点が押さえやすい
  • テキスト同じ内容をスマホで見返せるのでスキマ時間に便利

全くの初学者がFPの学習内容を覚えるために様々な工夫が施されています。イラストやレイアウトが豊富で理解しやいですし、テキストが多彩で記憶しやすい配色になっています。

個人的に一番のオススメポイントはスマホでも学習できる仕組みが整っている点です。スキマ時間を有効活用したい忙しい方には最適なシリーズだと言えます。

  • テキストのみで実践的な実力はつかない
  • 多彩なので、人によっては目が疲れる

このテキストの不満な点をあげるとすれば、内容が網羅されているとは言え、項目によっては若干浅い内容しか載っていないことです。問題集なし過去問なしでこのテキストのみで試験に挑戦するのは流石に無理があると言えます。

加えて色が多いことを読みにくいと感じる人もいらっしゃるでしょう。白黒などシンプルな色使いが好きな方には向いていないかもしれません。

しかしテキストオンリーで試験に望む方はかなり少数派でしょうし、個人的にはデメリットをあまり感じませんでしたけどね。

『みんなが欲しかった! FPの問題集3級』

試験範囲をほぼ全て網羅しており、申し分ない問題数も掲載されている良質な問題集です。テキストで理解した知識を、実際の問題形式で腹落ちさせます。

先述しましたが、一通り解いてみてもわからなかった部分は問題なり目次なりにチェックして不可解部分として認識しましょう。

その後の復習に便利なのはもちろんですが、いくら学習しても理解できないところに貴重な時間を割いても仕方ありません。

”無駄な勉強をしない”ために、問題集での不可解項目の検出は重要なのです。

『FP技能士3級 重要過去問スピード攻略20→21年版』

この教材では、試験に実際に出題された問題の中から厳選された425問が掲載されています。

実践力がつくだけでなく、解説もついているので試験レベルのインプットが可能になります。

時間のない方(3週間以上)問題集を挟まずに直接過去問に取り組むのありだと思いますよ。

[jin-sen color=”#f7f7f7″ size=”3px”]

いかがでしたでしょうか。

今回はFP3級の勉強方法について発信していきました。

2級についての記事もありますので、2級に挑戦される方は是非こちらをご参照ください(^^)

あわせて読みたい
【FP】独学FP2級のオススメの勉強法とテキストを証券マンが解説 皆さんこんにちは!ピーマンです。 今回はFP資格試験2級の勉強法とテキストについて発信していきます。 3級編でもお伝えしましたが、私は証券会社に新卒で入社し強制...
応援励みになります
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる